フィギュア・S.H.Figuarts 仮面ライダー亡【アーカイブ】

寺田心・・・もとい、子供心を忘れない大人たちが集まる場所、それがプレミアムバンダイ。

そこで発見した”推し”のアイテムをご紹介しています。

趣味の合う仲間たちと、好きなものについてワイワイ盛り上がる。こんなに楽しいことは、他にありません。

今回は、令和初の仮面ライダーシリーズとなった『仮面ライダーゼロワン』に登場した、あのライダーのフィギュアについてです。既に販売終了となっているアーカイブ記事となりますが、どうぞ最後までお付き合いください。

目次

S.H.Figuarts 仮面ライダー亡(ナキ)

画像引用元:プレミアムバンダイHP

今回ご紹介するのは『仮面ライダーゼロワン』の敵組織「滅亡迅雷.net(メツボウジンライネット)」の最後の一人、亡(ナキ)が変身する「仮面ライダー亡」のフィギュア。S.H.Figuartsというスタイルと動きにこだわったシリーズでの発売となりました。

S.H.Figuartsとは、Simple style Heroic actionの頭文字S.Hと、Figureとartの造語”Figuarts”を組み合わせたものです。このシリーズは全高15cmほどですが、高頭身で美麗な造形と、劇中での印象的なポーズがバシッと決まる再現性の高い可動がウリのフィギュアです。

ラスト間際になってようやく登場したものの、ライダーとしての活躍の場はほとんど与えられることなく終わってしまった不遇のライダー。とはいえ、元々は変身する予定すらなかったというのですから、それを考えれば、生まれてきてくれただけで感謝しなければならない、というくらいの存在なのかもしれません。

最後は自らのゼツメライズキーを不破 諌(フワ イサム)/仮面ライダーバルカンに託し、仮面ライダーオルトロスバルカンを誕生させます。ここは、かなり熱いシーンでした。

そのモチーフは「ジャパニーズ・ウルフ」。亡(ナキ)という名前に合わせ、絶滅したニホンオオカミを持ってくるセンスにやられます。『ゼロワン』に登場するマギア(怪人)たちのモチーフというのは、そもそも絶滅種をモチーフにしているのですが、名前を聞いても何のことだか全然わからないものがほとんど。仮面ライダーシリーズではおなじみのコウモリ怪人だな、と思ったら、およそ5250万年も前に絶滅した「オニコニクテリス」です、とか言われても、はあ? としか言えませんでしたが、ニホンオオカミと言われればさすがにピンときます。イメージしやすいって非常に大事だと思います。

両腕に装備された爪状の武器の名前は「ニホンオオカミノツメ」と、『ドラゴンクエスト』シリーズではおなじみの「ひのきのぼう」くらいに何の捻りもないけれど、だがそれがいい。

ゼロワンに登場する2人目の女性ライダーでもあり、全身に配されたケーブルも、何となく包帯のような厨二感を漂わせていて素敵。個人的には、滅亡迅雷のライダーの中では一番好きなデザインかもしれません。

フィギュアもその魅力的なフォルムはもちろん、フォースライザー(変身ベルト)も約15cmほどの大きさの中で可能な限り再現していてディ・モールト(非常に)良いです↓

画像引用元:プレミアムバンダイHP

気になる価格は

画像引用元:プレミアムバンダイHP

気になる価格は、6,600円(税込)。

”可動”要素を自慢するだけあって、勇ましいポージングもガシガシ決まる本商品ですが、冒頭に書いたとおり、既に公式では販売が終了しています。

再販の可能性はもちろんゼロではありませんが、絶対にあるとも言えないのが悩ましいところ。

お金に余裕があるなら、Amazonなどの通販サイトで転売されているものを購入する方法もありますね。

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

特撮ヒーローのレビュー(仮面ライダーシリーズとスーパー戦隊シリーズは旧作から最新版まで。ウルトラシリーズは昭和がメイン)を中心に、ゲームに書籍にチョコボールなど、大好きなものに囲まれた秘密基地のようなブログです。インスタでは、特撮ヒーローのイラストも描いているので、よかったら覗いてみてください。イチオシのライダーは『W』。マスク割れアイコンが目印。僕と握手!

WordPressテーマ「SWELL」

目次
閉じる