鎧武外伝『仮面ライダーバロン』・気高き野良犬と王子様【ネタバレ】

同じ顔を持つ二人の男が運命的な出会いをし、他人の思惑に飲み込まれていく・・・。

TTFC(東映特撮ファンクラブ)で配信されている鎧武外伝『仮面ライダーバロン』をレビューする。

本作は、『仮面ライダー斬月/仮面ライダーバロン』という1本の作品で、CDでいえば両A面的な内容だ。

どうぞ、最後までお付き合いください。

目次

スタッフ・キャスト

ここでは主要スタッフとキャストをご紹介します。

ウィキペディアに記載のある方はリンクを貼っておくので、是非、他の参加作品もチェックしてみてください。

【スタッフ】

監督:金田 治

脚本:毛利亘宏

アクション監督:竹田道弘

音楽:山下康介

【キャスト】

駆紋戒斗(クモン カイト)& シャプール/仮面ライダーバロン:小林 豊

アルフレッド/仮面ライダータイラント:河相我聞

高司 舞(タカツカサ マイ):志田友美

ザック/仮面ライダーナックル:松田 岳

ペコ:百瀬 朔

城乃内秀保(ジョウノウチ ヒデヤス):松田 凌

鳳蓮(オオレン)・ピエール・アルフォンゾ/仮面ライダーブラーボ:吉田メタル

戒斗の父:松下 哲

戒斗の母:竹光桂子

戒斗幼少期:片山蔵人

戦極凌馬(センゴク リョウマ)/仮面ライダーデューク:青木玄徳

湊 耀子(ミナト ヨウコ)/仮面ライダーマリカ:佃井 皆美

【スーツアクター】

仮面ライダーバロン:永徳

仮面ライダータイラント:藤井祐伍

【挿入歌】

「Unperfected World」作詞:藤林聖子 作曲・編曲:Ryo 歌:駆紋戒斗(CV:小林 豊)

入れ替わった二人

本作最大の見どころは、小林豊さんの一人二役。駆紋戒斗と某国の王子・シャプールという、気高き野良犬と奔放な王子様を見事に演じ分けている。

シャプールが、視察に訪れた沢芽市で偶然見つけた同じ顔の男・駆紋戒斗と入れ替わるところから物語は始まる。

戒斗とシャプール
画像引用元:仮面ライダーバロン

それは、スケジュールに縛られたシャプールが、自由に遊びまわりたいというちょっとしたわがままから起こした行動だったのだが、実はこのシャプール、父である王に疎まれ、この旅先で命を奪われようとしていたのだ。

主君からシャプールを暗殺するよう命じられていた執事・アルフレッドは、消えたシャプールの行方を追う。

唐突に”お家騒動”に巻き込まれた戒斗と、そんなことには気づきもせず、自由を満喫するシャプール。

シャルモンにて、戒斗が笑顔で自作のケーキを舞に振る舞うなど、予期せぬ出来事に驚く周囲の人たち。

舞とシャプール
画像引用元:仮面ライダーバロン

最初はコメディタッチだが、登場人物たちの様々な思惑が交差し、徐々に『鎧武』らしいドス黒い展開を見せていく。

新ライダー・タイラント

シャプール王子の執事・アルフレッドが変身するライダー。

仮面ライダータイラント
画像引用元:仮面ライダーバロン

「ドラゴンフルーツエナジーロックシード」で変身する。

ゲネシスドライバーとドラゴンフルーツエナジーロックシード
画像引用元:仮面ライダーバロン

このアルフレッド、主君の命を受け、戦極凌馬の研究に出資をしたいと申し出るが、実は戦極ドライバーの力で自らが王となり、金と権力を手に入れようと目論んでいた。

戦極凌馬とアルフレッド
画像引用元:仮面ライダーバロン

だが、自身の研究成果を金儲けに使われることを良しとしない凌馬が、アルフレッドを実験体として利用するために渡したのが、ゲネシスドライバーとプロトタイプのドラゴンフルーツエナジーロックシードであった。

1度目の変身で身体に異変(インベス化)が起こったにも関わらず、2度目の変身をしたことでロックシードが暴走。オーバーロード態へと変貌を遂げてしまう。

仮面ライダータイラント・オーバーロード態
画像引用元:仮面ライダーバロン

既に理性はなく、本能のまま暴れ回る。見た目からして、ライダーというより、もはや単なるバケモノである。

迫力のバイクアクション

もうひとつの見どころとして、バイクアクションは外せない。

画像引用元:仮面ライダーバロン

仮面ライダーといえば”バイク”ではあるのだが、少なくとも平成ライダーでいえば、『クウガ』以降、これだけ長尺のバイクアクションは記憶にない。

仮面ライダーバロン
画像引用元:仮面ライダーバロン

同じバイクスタントをやるだけでも一筋縄では行かないだろうに、あのスーツを着込んでいるのだ。重さもあれば、視界は最小限。もう、バカみたいに画面を見つめて感心するしかない。

禁断のリンゴ

オーバーロード態となったタイラントに押される戒斗の前に、都合よく現れる湊。

湊 耀子
画像引用元:仮面ライダーバロン

プロフェッサー(凌馬)からの贈り物として渡されたのは、禁断のリンゴロックシード。

同外伝『仮面ライダー斬月』で、朱月藤果が使っていたものと同じで、強力だが、使用者の身体を蝕む危険なもの。

仮面ライダーバロン・リンゴアームズへとフォームチェンジした戒斗。

仮面ライダーバロンリンゴアームズ
画像引用元:仮面ライダーバロン

『仮面ライダー斬月』に登場した仮面ライダーイドゥン同様、肩のウサギを模したリンゴがキュート。

そんな見た目と裏腹に、暴走したタイラントを倒し、さらに自らを蝕もうとする禁断のロックシードも粉砕する。戒斗強すぎである。

画像引用元:仮面ライダーバロン

”高貴”と”気高さ”の違い

本作は、王子という身分に生まれついた男と、ど底辺から自力でのし上がってきた男の邂逅の物語だ。

同じ顔をしていても、その精神性は全く異なる。

シャプールは、王子という高貴な身分ではあるが、生まれついての環境に甘んじてきた男で、世間知らずのおぼっちゃん。天真爛漫なところは魅力でもあるが、幼稚と言い換えられなくもない。

一方、戒斗の父親は腕の良い職人で、町工場を経営していたらしいが、戒斗が子供の頃、ユグドラシル・コーポレーションに工場を買収されたことがきっかけで、手にした金で酒に溺れ、家族に手を上げ、金は騙し取られ、最後は自殺してしまった。

画像引用元:仮面ライダーバロン

そんな経験から、自分の強さだけを信じてのし上がってきた戒斗の精神はとても気高い。

血統書付きの良家の飼い犬が、野良犬のボスの生き様に魅せられる。というのは、どこかで見たような物語だ。しかし、「どこまでもついて行きます!」といった陳腐な展開を見せないのが本作の魅力。あくまでも、自らの居場所で、ほんの少し、背筋を伸ばす決意をする。

最後はそんな清々しいエンディングを迎える。

同時収録された『仮面ライダー斬月』と併せても1時間程度の内容。

2015年の作品だが、古さとは無縁。まだ見てないという方には、是非オススメしたい作品である。

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

世界中の子供たちと、ヒーローを忘れられない大人たちに向けて、さまざまな”ヒーロー”に関するブログと、歴代仮面ライダーを中心としたイラストを書いています。マスク割れアイコンが目印。

WordPressテーマ「SWELL」

目次
閉じる