【考察】『仮面ライダーセイバー』がつまらないと言われる理由

2020年9月〜2021年8月まで放映された令和ライダー第2弾『仮面ライダーセイバー』の評価が低い。めちゃくちゃに低い。

タイトルでググると、「◯%のユーザーがこのテレビ番組を高く評価しました」という項目が表示されるのだが、歴代ライダーダントツの最下位。

同じ令和のライダー「ゼロワンよりつまらない」とか、そういうレベルではない。昭和、平成、令和という3つの時代を駆け抜けてきた仮面ライダーシリーズの最低ランクを獲得しているのだ。

この数字の信憑性について議論の余地はあるだろうが、1つの指標にはなるだろう。

ちなみにTVシリーズの評価をワースト順で並べると以下のようになる(2021年8月時点)。

歴代ライダーワースト10(数値は高評価の割合。同率は放映年順でランキング)

  1. 仮面ライダーセイバー:81%
  2. 仮面ライダーゴースト:82%
  3. 仮面ライダー:83%
  4. 仮面ライダーX:84%
  5. 仮面ライダーストロンガー:84%
  6. 仮面ライダー(新):84%
  7. 仮面ライダースーパー1:84%
  8. 仮面ライダーV3:86%
  9. 仮面ライダーアマゾン:86%
  10. 仮面ライダー剣:87%

初期の作品がズラッと並んでいるのは、単純に古いからだろう。これは今の評価であって、当時の視聴者の評価ではない。

数十年前の造形や特撮といった技術面は、今とは比べ物にならないほど稚拙だ。ディスっているわけではなく、当たり前のこと。

また、昭和の特撮ヒーローは、今よりも間違いなく子供向けに作られていたため、純粋にドラマとして見ると評価は微妙にならざるを得ない。平成以降の特徴でもある、ドラマ重視のつくりと見比べれば、どうしたって評価は低くならざるを得ないだろう。放映当時の基準で正しく判断できるわけがないのだ。

でなければ、変身ブームを巻き起こし、2年間も放映し続けた初代『仮面ライダー』がワースト3位とか、視聴率歴代ナンバー1の『仮面ライダーV3』(最高38%!『半沢直樹』かよ? というレベル)が8位に甘んじているはずがない。

『アマゾン』の評価が意外と高いのは、『アマゾンズ』の高評価が影響しているのだろうと思われる。物語がどうというよりも、当時と基本的なデザインは変えずにブラッシュアップしただけのアマゾンアルファで、今でも十分戦えるデザインであることを証明して見せたことは大きい。

平成以降の作品は、その大半が90%以上の高評価を叩き出している中で、『セイバー』と『ゴースト』がワースト1と2となってしまっているのは印象的だ。しかも、こちらは昭和ライダーとは異なり、最近の作品だというのにだ。

『セイバー』については本記事執筆時点において、まだ放映中であったので、ひょっとしたら最後には印象が少しは変わるかな? と淡い期待を抱いたが、結局、最終回まで視聴しても、基本的な感想は何ひとつ変わらなかった。

注目すべきは1位と2位のどちらも、メインライターが福田卓郎さんであることだ。制作現場はチームなので、誰か1人に責任があるとは思わないが、ライダーシリーズとの相性は、あまり良くないのかも知れない。

ここで『ゴースト』について触れることはしないが、『セイバー』はとにかく”見せ方”に問題があった作品だ。

本記事では、その気になる”見せ方”について、筆者なりの考察を記してみたい。

目次

薄い異世界感

放映開始前から、異世界モノであることや、ライダーが10人以上登場するといった情報が公式発表されてきた本作だったが、それ自体は『龍騎』や『鎧武』といった前例もあったので、特に違和感を感じる要素ではなかった。

ただし、異世界モノと強調していたわりに、それほど異世界が舞台となることはなかった。物語の中で重要な要素ではあるけれど、戦いの舞台として、ちょっと登場するくらいのものである。特撮ファンにしかわからないとは思うが、『宇宙刑事ギャバン』における「マクー空間」くらいの扱いだ。

それなりに異世界を絡めようとはしているけれど、どうもこちらが期待していたほどの異世界感は得られていない。あえて「異世界モノ」と名乗ったわりには・・・という感覚が強いのだ。

個人的には取り立てて「異世界モノ」に興味はないし、仮面ライダーは現実世界で戦うモノだという認識が強いので別に問題ないのだが、人気ラノベなどを通ってきた人たちは、「異世界モノの仮面ライダー」という新たな試みに惹かれた部分もあったのではないかと思う。では、その需要を満たせているか? と問われれば、答えは「ノー」だろう。

おそらく誰もが、ライダー過去作に登場した異世界とは別次元での異世界バトルを期待していたはずだ。実際、そうやって煽っていたところもあるし、最初期の物語は、そうであろうとしていたようにも思う。

しかし、回を追うごとに、過去作同様、”現実世界に侵食してくる異世界”程度でしかなくなっていった。登場人物の服装は独特だが、コスプレと変わらないし、そもそも異世界の住人ではない、というところも違和感があった。

要するに、最初に期待させすぎたのだ。普通に「今度のライダーは聖剣と本の力で戦います!」と言っておけば、ここまでの”コレじゃない感”は生まれなかったのではないだろうかと思う。

とりあえずシャボン玉飛ばしとけ、といった演出では、誰が考えても物足りない。

背景の見えない登場人物たち

「ライダーが10人以上登場する」という公式発表のとおり、スタート直後は毎回のように新たなライダーが登場した。

主人公である炎の剣士・セイバーに始まり、水の剣士・ブレイズ、土の剣士・バスター、雷の剣士・エスパーダ、風の剣士・剣斬、音の剣士・スラッシュ、闇の剣士・カリバーと、第10章までに登場したライダーは7人を数える。

しかし、これだけ登場しているのに、とにかく印象が薄い。誰のこともよくわからない。闇の剣士・カリバーは謎めいていて当然ではあるが、問題は他のライダーたちだ。

主人公である神山飛羽真は、小説家で本屋の主。過去に大きな厄災に出会っており、その時の記憶がない。なぜかずっと手元にあったブレイブドラゴンのワンダーライドブックがトリガーとなり、仮面ライダーセイバーに変身する。

これだけ読んでも、人物像がさっぱりわからないのだが、他の剣士たちはもっとわからない。

「普通のホモサピエンス」が口癖の真面目くん・倫太郎。子連れの豪快な中年男・尾上。飛羽真の幼なじみ・賢人。見た目は大人、頭脳は子ども・蓮。人見知りの激しすぎる刀鍛冶・大秦寺。

個性はあるが、人物像がまるで見えないキャラクターたちは、まるで『BLEACH』だ。

その後もキャラクター個別の掘り下げはほとんどないため、結局、なんだかわからない。家族構成は? とか、そもそもどういう経緯で剣士になったのか? といった各キャラクターのバックボーンはほとんど語られず、実は師匠がいた、とか言われても、どうもピンと来ない。共感できる情報があまりにも少ないからだ。

さすがにこれではマズいと思ったのか、動画配信サービス「TELASA」で『剣士列伝』という各剣士のスピンオフが配信されたが、これもまた内容が薄い。本編の補足程度でしかなく、各剣士を掘り下げるほどの内容にはなっていない。それでいて、視聴するには「TELASA」に加入するしかない。つまり有料である。ディオでなくとも「無駄無駄ァ!」と叫びたくなる。

子連れの尾上の過去については、「TTFC(東映特撮ファンクラブ)」で配信されているマンガに描かれているのだが、これもコアなファン向けであり、単なる視聴者には届かない。

そもそもマンガを読みたくなるほど尾上が魅力的な人物なのかも疑問であるが、このマンガによれば、尾上が剣士になるきっかけは高校時代に遡る。なんとも中途半端な時期である。小学生くらいなら、子役も用意できるだろうが、高校生といえば、まあまあ大人である。代役を立てると微妙になってしまうが、まさかアラフォーの生島さんに学生服を着させるわけにもいかないだろうから、実写での再現は難しいだろう。

しかし、こういうエピソードゼロ的な話があって、ようやく視聴者はキャラクターに感情を寄せられるのだと思うが、何故だかそういう配慮はゼロ。

これだけ登場人物がいるのに、セオリーどおりの群像劇に仕立てない理由が理解できない。明らかにディレクションのミスだと思う。

情報過多と、早すぎる展開

こういったキャラクターごとの掘り下げができない理由の一つは、『セイバー』の展開の早さだ。

他の仮面ライダーシリーズのどの作品よりも内容が詰まっている、とも言えるが、詰め込みすぎと言い換えた方が良いだろう。

大きく展開の変わるポイントに向けて、しばらくの間は襲いかかってくる敵を倒し続けるだけ、といったことがない。それを”中だるみ”と捉える人もいるだろうが、私は”余白”だと思う。そういったところに、ちょこちょこと情報をまぶしていくことで生まれる深みもある。

ところが『セイバー』は、だいたい毎回、新しい展開が待っていた。

第10章までに7人ものライダーが登場。

第7章にして「アヴァロン」というファンタジーでは超重要っぽい場所が登場したが、砂丘と光に包まれた空間という手抜き演出で2話で消化。

「キングオブアーサー」という究極の力として登場してもおかしくないようなものが、巨大ロボットとして登場したと思ったら、目立った活躍もなく物語が粛々と進んでいくという奇妙さ。

初回から巨悪の雰囲気を漂わせていた仮面ライダーカリバーは、1クールちょっと(15章)で一旦退場。

闇の聖剣と共に生まれた光の聖剣という究極的な存在は、16章から登場して順当に脇役を務めあげている。

何冊もあるように言われていた禁書は、「プリミティブドラゴン」1冊しかまともに登場せず。

人造人間を創る本の存在が仄めかされ、誰もが何か大きなことが起こると期待したにも関わらず、そこから生み出された人造人間が登場直後にカリュブディスに食われて終わりという、目を疑う展開。

短編映画でラスボスを務めた不死鳥の剣士は、本編にまで出張ってきたのに、あっという間に消滅。不死鳥なのに。

マスターロゴスの名を捨て、本名までカミングアウトした男は、ほんの数話で抹殺される。メギドと手を組んだ理由もよくわからなかった。

そして、当初から存在していた悪役の一人が全知全能の力を手に入れ、最後の戦いが始まる・・・。

これだけ書いてもお腹いっぱいなのに、実は端折っている部分がまだまだあるのは、視聴者の方ならおわかりのはずだ。

『セイバー』が1年半から2年をかけて放送される番組だったなら良かったのだと思う。明らかに分量をミスっている。

ジェットコースターのようだと言えば、聞こえはいいが、展開の早さばかりを追求し、ひとつひとつの要素を掘り下げないために、情報量ばかりが多く薄っぺらい物語に成り下がってしまった感がある。大した盛り上がりもない。

例えれば、『ワンピース』の原作を3分の1程度に切り詰めてアニメ化したようなものだ。物語は良いのに、魅力がない。というか、よくわからない。

凄そうなキャラやアイテムが、数話ごとに入れ替わり立ち替わり登場し、いつの間にか消えている。忘れられているのかもしれない。

落ち着きがないというか、腹に落ちる前に次が来る感じは「わんこそば」のようだ。

しかも、ただのそばではなく、めちゃくちゃ手の込んだそばなのに、味わう前に飲み込まなければならないため、その良さがほとんど理解できないというムダ仕様。ジョルノでなくとも「無駄無駄ァ!」と叫びたくなる。

魅力的な悪役の不在と、多すぎたサプライズ

英雄譚を語る上で、悪役の存在は欠かせない。それもとびきり魅力的なヤツがいい。

しかし、残念ながら『セイバー』にはいない。

ストリウスに魅力がないと言っているのではない。実は虎視眈々と、大いなる力を手に入れるために暗躍していたという設定は悪くない。目的のためにはレジエルやズオスといった仲間だけでなく、マスターロゴスまで手のひらの上で転がしていたというのは、なかなかのワルだ。

しかし、ただのコスずるい小悪党にしか見えない。

私が仮面ライダーシリーズでベストだと思っているのは『仮面ライダーW』だが、その理由の一つに、寺田農さんが演じる園咲琉兵衛の圧倒的な存在感があったのは確かだ。

役者さんの演技力やキャリアの差はもちろんあるが、それだけが理由では絶対にない。悪者感というか、”悪の華”といったものが終始一貫して見えるかどうかというのは非常に大きい。そして、ストリウスには残念ながら、それがない。いや、あるのかも知れないが、そうは見えない。

それに、『セイバー』には起承転結でいうところの「転」が多かった。多すぎた。どんでん返しが悪いわけではない。しかし、視聴者を飽きさせないための小手先のテクニックという感じがどうしても否めなかった。

往年の名作ADV『ポートピア連続殺人事件』を例に挙げるまでもなく、どんでん返しなんてものは、何度もあればいいというものではない。どれだけ印象に残るか、そして、それを見た人たちが、そのどんでん返しの理由にうなずけるかどうかが重要だろう。

『ポートピア』をプレイしたことのある人ならうなずいてもらえると思うが、共に捜査してきた部下のヤスが犯人だとわかったときに感じたのは、違和感ではなかったはずだ。確かに驚きはしたが、思い返してみると、確かに矛盾はないし、布石もあったと納得できたはずだ。

意外ではあっても、そうなった理由に納得がいくものでなければ、かえって陳腐なイメージが残ってしまうのは、ゲームやドラマといった創作物だけではない。

以前、とある結婚式の二次会で、新郎から新婦へ何度もサプライズが贈られたことがあった。最初は来賓も幸せいっぱいの二人を心から祝福していたが、さすがにサプライズが3度目を迎える頃には、ちょっと白けたムードになっていた。わざわざサプライズにする理由がわからなかったのだ。目が慣れたというのもあるとは思う。要するに飽きたのだ。

『セイバー』からは同じような匂いがする。

いつの間にか脚本家の手のひらで踊らされていたことに気づいたなら、視聴者は苦笑しながらも「やられた」と騙されていたことに快感を覚えるものだ。

しかし、『セイバー』でそう感じられるサプライズは、最初の頃(最初の頃は、視聴者側から騙されに行くところがある。騙されたいと思っていると言い換えてもいいかもしれない)を除いて、ほとんどなかったと言っていい。

しかも、何事かが起き、これから盛り上がりそうだぞ…というタイミングで、話がコロッとひっくり返される。驚くよりもずっこけた。

開始早々のゴシップ

もうひとつ、これが結構大きかったように思うのは、キャストのゴシップである。

主演の内藤秀一郎さんは、放映開始直後にいわゆる”文春砲”の洗礼を受け、ユーチューバーの彼女がいることが発覚してしまう。

年頃の男性なのだから、そんなの普通だろ? とも思ったが、今のヒーローたちは、女性たちにとってのアイドル的な役割も果たさなくてはならないらしい。スキャンダルなどご法度ということである。

さらに追い討ちをかけるように、パチンコ屋通いをしているとか、共演者である青木 瞭さんと駐車場で喫煙しているところなどを撮られてしまう。

先輩ライダーたちが、私生活にまで万全の注意を払っていたのとは大違い。

本記事では、『セイバー』が「つまらない」とされる理由について色々と書き連ねてきたが、実はこのゴシップこそが、世間の評価を下げた最大の理由ではないかと思う。

「ヒーローは清廉潔白であるべき」というのは、「アイドルはトイレに行かない」ってくらいリアリティのない幻想だと思うが、だとしても、今回は異例中の異例である。「パチンコ通いするヒモ」みたいな言われ方にはメディアの悪意も見え隠れするが、子供たちの夢も、女性たちの淡い恋心も、全てを台無しにするくらいの破壊力があったのは確か。

実際、その後の『セイバー』に関する感想などをネットで見かけても、作品自体への感想だけではなく、キャスト個人への拭いきれない悪いイメージがついて回っている印象を受けた。

みんなが初めから色眼鏡で見ているのだ。「また何かやらかすに違いない」「こんなキャストだからつまらない」という悪意と根拠のない低評価は、絶対にゼロではない。

だからこそ、私は『セイバー』を最後まで応援してきたのだ。

こんな記事を書くと、単に『セイバー』をディスっているように見えるかも知れない。しかし実際には、世間の低評価の声を憂い、その理由を自分なりに解き明かしたくて書き始めたのが本記事なのである。

上述したように、評価が低くなる理由は理解できるが、そもそも「つまらない」とか「玩具が売れない」などと散々言われて辛い想いをしていても、頑張って役を演じ続けるキャストさんたちに罪はないし、1年に1作というペースを崩さず、毎回新しいギミックを備えた変身グッズを創り、豊富なコレクションアイテムも揃えなければならないライダーや戦隊といった特撮作品ではネタだって尽きるだろう。

それでもこうしてシリーズを繋いでくれているのは、人気シリーズだからやめられないというだけではないはずだ。制作者たちの「繋いでいこう」という強く熱い意志があるからだろう。

その想いに応えるためにも、微力ながら応援し続けたいと思っているし、何より、私自身が勇気をもらってきたヒーローの火が消えて欲しくはない。

いつまでも子供たちの憧れであり、大人たちの心も揺さぶる、そんなヒーローの系譜が続いてくれることを心から願っている。

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

世界中の子供たちと、ヒーローを忘れられない大人たちに向けて、さまざまな”ヒーロー”に関するブログと、歴代仮面ライダーを中心としたイラストを書いています。マスク割れアイコンが目印。

WordPressテーマ「SWELL」

目次
閉じる