『仮面ライダーセイバー』第14章・ケダモノになった優等生【ネタバレ】

賢人が消えて、カリバーも消えた。

一人欠いた状況で、ワンダーワールドと現実世界の融合を防ぐことができるのか?

『仮面ライダーセイバー』第14章「この思い、剣に宿して。」(監督:石田秀範 脚本:福田卓郎)をレビュー。

ネタバレもたっぷりしますが、最後までお付き合いください。

目次

スタッフ・キャスト

ここではキャストをご紹介します。

【キャスト】

神山飛羽真/仮面ライダーセイバー:内藤秀一郎

新堂倫太郎/仮面ライダーブレイズ:山口貴也

須藤芽依:川津明日香

富加宮賢人/仮面ライダーエスパーダ:青木 瞭

尾上 亮/仮面ライダーバスター:生島勇輝

緋道 蓮/仮面ライダー剣斬:富樫慧士

大秦寺哲雄/仮面ライダースラッシュ:岡 宏明

ストリウス:古屋呂敏

レジエル:高野海琉

ズオス:才川コージ

デザストの声:内山昂輝

先代炎の剣士・上條大地/仮面ライダーカリバー:平山浩行

タッセル:レ・ロマネスクTOBI

消えなかった巨大な本。さらにカリバー

前章(第13章)の終盤、飛羽真のドラゴンが放った炎で包まれた大空に浮かぶ巨大な本は、消滅したわけではなかった。

画像引用元:仮面ライダーセイバー

単に、ドラゴンの炎で誰も触れることができなくなっているだけだった。

「そのうち消える。あとは時間の問題だ」と、余裕のレジエル。

一方、飛羽真の攻撃で暗黒剣月闇(アンコクケン クラヤミ)を残して消滅したかに見えた仮面ライダーカリバーは生きていた。

仮面ライダーカリバーとデザスト
画像引用元:仮面ライダーセイバー

ワンダーワールドの力を巡る物語の結末はまだまだ見えない。

消えた賢人と消せない想い

賢人が闇の力に飲み込まれ、消えてしまったことで、意気消沈する剣士たち。

画像引用元:仮面ライダーセイバー

相変わらずソフィアもいないが、そのことに触れる者はいない。

しかし、賢人の敵討ちに執着するのではなく、”世界の均衡を守る”ことこそが賢人との約束だと、立ち上る光の柱と巨大な本を消し去るために心を一つにする。

賢人の所有していたワンダーライドブックを使い、飛羽真はドラゴンアランジーナフォームで、自らの火炎剣烈火に加え、賢人の雷鳴剣黄雷(ライメイケン イカヅチ)をも振るう。

ドラゴンアランジーナ
画像引用元:仮面ライダーセイバー

賢人の想いも背負って戦うという良いシーンである。

しれっと復活したカリバーと戦う剣士たちの前に、3人のメギドが現れる。

ストリウスとレジエルとズオス
画像引用元:仮面ライダーセイバー

”生物の力を司る”と説明のあったズオスに引き続き、レジエルは”幻獣の力を宿す”剣を使うらしい。

レジエル
画像引用元:仮面ライダーセイバー

バハムートやリバイアサンなどを呼び出すのかと思ったが、流石に違う様子。それどころか、岩を召喚したりしている謎。そうか、宿しているのは”幻獣”そのものではなく、”幻獣の力”だったか。

それではストリウスは?

全て消し飛ばせ!キングライオン大戦記

ドラゴニックナイトに引き続き、新しいワンダーライドブックの開発を進める大秦寺に、「その力を僕にください」と迫る倫太郎。

なかなか完成せず、仲間たちがピンチに陥ったとき、ついにその本が完成する。

キングライオン大戦記
画像引用元:仮面ライダーセイバー

それがこの本、「キングライオン大戦記」だ。

新堂倫太郎とキングライオン大戦記
画像引用元:仮面ライダーセイバー

(変身音)「自然を超越した蒼きタテガミが、装甲をまとい、王座に轟く」

「Rhyming! Riding! Rider! 獣王来迎!Rising! Lifull! キングライオン大戦記!」

「それすなわち砲撃の戦士!」

両肩に砲塔がついている。もはや剣士ではない。まるでガンキャノン。

キングドラゴン大戦記
画像引用元:仮面ライダーセイバー

しかし、マスクなどはメカっぽさもあって、結構カッコいい。

キングライオン大戦記
画像引用元:仮面ライダーセイバー

砲塔以外の特徴として、左腕に装着した「キングライオンブースター」がある。

キングライオンブースター
画像引用元:仮面ライダーセイバー

これはセイバーの「ドラゴニックブースター」と同様の装備で、内部に速読器があり、ワンダーライドブックを読み込むことができ、段階的に攻撃力を増していく特性を持つという設定。

このように口を大きく開けまして・・・

キングライオンブースター開口
画像引用元:仮面ライダーセイバー

ワンダーライドブックを読みこませると・・・

キングライオン大戦記リーディング
画像引用元:仮面ライダーセイバー

強烈な攻撃を繰り出すことができる。

キングライオン大戦記攻撃
画像引用元:仮面ライダーセイバー

さらに必殺技は、まさかのライオンに変身。

キングライオン大戦記変身
画像引用元:仮面ライダーセイバー

『仮面ライダーW』に登場した「仮面ライダーアクセル」や、『仮面ライダーエグゼイド』に登場した「仮面ライダーレーザー」はバイクそのものに変身したが、その時以来の衝撃。トランスフォーマーもびっくり。これ以上のびっくりは、ゲッターロボの合体くらいしか思いつかない。ゲッターロボの合体シーンについて興味のある方は、YouTubeで「ゲッターロボ 合体」で検索すれば見つかるので、是非見て欲しい。

ところでこのライオン、めちゃくちゃ強い。

3人のメギドを一蹴し、一撃で光の柱を打ち砕く。

キングライオン大戦記メギドを一蹴
画像引用元:仮面ライダーセイバー
キングライオン大戦記砲撃で光の柱を撃破
画像引用元:仮面ライダーセイバー

もうこのままカリバーを追いかけたほうがいいんじゃない? とも思うが、とりあえずそこは主役の飛羽真に譲って、次回へ続くという感じ。

空に浮かぶ巨大な本に向かうセイバー
画像引用元:仮面ライダーセイバー

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

世界中の子供たちと、ヒーローを忘れられない大人たちに向けて、さまざまな”ヒーロー”に関するブログと、歴代仮面ライダーを中心としたイラストを書いています。マスク割れアイコンが目印。

WordPressテーマ「SWELL」

目次
閉じる