『仮面ライダースナイプ エピソードZERO』感想【ネタバレ】

『仮面ライダーエグゼイド』のBlu-ray COLLECTIONの特典映像だった「仮面ライダーエグゼイド【裏技】仮面ライダースナイプ エピソードZERO」が、TTFC(東映特撮ファンクラブ)で会員見放題となったので、早速レビューする。

全部で4つのエピソードで構成されているが、全て視聴しても45分程度というショートムービーだ。

『エグゼイド』本編で人気の高かったライダーの一人、スナイプの前日譚。

結論から言えば、観なくても『エグゼイド』の面白さは変わらないが、観ればもっと楽しめる。特典映像で終わらせるのは、もったいない。そんな作品だった。

どうぞ、最後までお付き合いください。

目次

『エグゼイド』の魅力

『仮面ライダーエグゼイド』は、初めてそのデザインを見て「えっ?」と絶句し、しかし物語を見て「え?」と我が目を疑った。

最初の「え?」は、「正気か?」と言い換えても良い。

目玉の描かれたコミカルなデザインに、蛍光カラーをふんだんに使ったポップなカラーリングに、「仮面ライダー」っぽさはゼロだった。

正直、それだけでそっと離れようかとも思ったが、視聴し始めると、今度は最初とは違った「え?」が口をついた。

良い意味で裏切られたのだ。

デザインのせいでマイナスイメージからのスタートだったのに、医療をテーマにした「命」を扱う重厚なテーマと、息をもつかせぬスピーディーな展開に圧倒され、気づけば、個人的には歴代仮面ライダーの中でも3本指に入る作品となった。

そんな『エグゼイド』への想いは、また別記事に改めるが、この作品の魅力の一つは、登場人物が乗り越えるべき過去を抱えて生きていることである。

本編の中でもそれらはきちんと消化されていたのだが、本作「仮面ライダースナイプ エピソードZERO」を見れば、スナイプ/花家大我(ハナヤタイガ)がどのようにしてバグスターウイルスと戦う最初のライダーになったのか? 何故、『ブラックジャック』のように白髪混じりなのか? といった部分にも触れられている。

ブレイブ/鏡飛彩(カガミヒイロ)やゲンム/壇黎斗(ダンクロト)といった他のライダーとの馴れ初めも興味深い。

それにしても、『エグゼイド』の悪役は魅力的だ。

特に壇黎斗。

父・壇正宗役の貴水博之の怪演も印象的だった。流石、元・アクセス。

しかし、黎斗の存在感はそれを上回る。本作でも徹底的にいやらしい。だが、それがいいのだ。

悪役が魅力的な作品は、ほぼ例外なく面白い。

歴代ライダーの個人的ベストは『仮面ライダーW』だが、あの作品も悪役がとにかく魅力的だった。

しかしここで『W』を語り出すとキリがないので、それはまた別の記事に譲る。

まずは本編を観てから

画像引用元:仮面ライダーエグゼイド

先ほども触れたが、本作は『エグゼイド』本編で語られた花家大我の過去にスポットを当て、本編では語られなかった、仮面ライダースナイプになる前のエピソードを描いた作品だ。

”天才”と言われた、若き放射線科医師・花家大我がどうして仮面ライダーになったのか?

そのきっかけはもちろん、仮面ライダーという力に溺れかけた日々、患者を助けられず、大切な友をも失った苦悩といったものが、短い時間の中で濃厚に描かれている。

『エグゼイド』に多少なりともハマった経験のある人にはもれなくオススメ。

本編を知らずに見たら、面白さは半分以下である。何より、本作だけでは登場人物の相関図がわからない。

それはそうだ。だって、ファンが購入するBlu-rayの特典映像だもの。

だからこそ、この作品を観るなら、必ず本編を観てからにして欲しい。前日譚を表す”ZERO”という表現にはいい加減飽きたが・・・。

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

世界中の子供たちと、ヒーローを忘れられない大人たちに向けて、さまざまな”ヒーロー”に関するブログと、歴代仮面ライダーを中心としたイラストを書いています。マスク割れアイコンが目印。

WordPressテーマ「SWELL」

目次
閉じる