『仮面ライダーリバイス』第16話・悔しいDeath!【ネタバレ注意】

2021年、そして第1クールのラストを飾る回。仲間であったはずのオルテカに騙されていたアギレラ様とフリオは? そして、崩壊するデッドマンズベースとその中に取り残されたギフはどうなるのか? 『仮面ライダーリバイス』第16話「守りたい想い・・・時代は五十嵐三兄妹!」(監督:諸田 敏 脚本:木下半太)をレビュー。

ネタバレ全開ですが、第17話視聴前の振り返りなどにご活用いただければ幸いです。どうぞ最後までお付き合いください。

目次

キャスト

ここではキャストをご紹介します。本作初登場でウィキペディアに記載のある方はリンクを貼っておきますので、他の参加作品も是非チェックしてみてください。

【キャスト】

五十嵐一輝/仮面ライダーリバイ:前田拳太郎

バイス/仮面ライダーバイス(声):木村 昴

五十嵐大二/仮面ライダーライブ:日向 亘

五十嵐さくら/仮面ライダージャンヌ:井本彩花

ジョージ・狩崎:濱尾ノリタカ

アギレラ:浅倉 唯

オルテカ:関 隼汰

フリオ:八条院蔵人

門田ヒロミ/仮面ライダーデモンズ:小松準弥

牛島 光:奥 智哉

ラブコフ(声):伊藤美来

隊員:瑠己也

研究員:清瀬やえこ

アナウンサー:安藤聡海

OL:西幹麻里奈

サラリーマン:水野リューミン

若い女性:アンナ

若林優次郎/カメレオン・デッドマン:田邊和也

五十嵐幸実:映美くらら

五十嵐元太:戸次重幸

【挿入歌】

「Go with the flo」五十嵐一輝・大二・さくら(前田拳太郎・日向亘・井本彩花) 作詞:藤林聖子 作曲:中川幸太郎 編曲:tatsuo

分裂するデッドマンズ、変貌するアギレラ様

前回の騒動で真っ二つに分裂したデッドマンズ。工藤と灰谷は消滅してしまったため、アギレラ様とフリオ、オルテカと偽・若林の二組。

そしてこれまで、人間態しか見せてこなかったアギレラ様が、ついに怪人態を解禁。

クイーンビー・デッドマン フェーズ3
画像引用元:仮面ライダーリバイス

その名も、クイーンビー・デッドマン フェーズ3。女王蜂だ。いかにもアギレラ様っぽいというか、これまで『リバイス』に登場したライダー(リバイとバイスは除く)やデッドマンズ幹部たちは皆、初代『仮面ライダー』の怪人をモチーフにしていたようだったから、女怪人といえば、「蜂女」のイメージしか浮かばなかった。

ただし、他のデッドマンズ幹部たちはショッカー幹部たちをモチーフにしているように見える。オルテカはイカデビル(死神博士)、フリオは狼男(ゾル大佐)といった具合。偽・若林優次郎のカメレオン・デッドマンも、当初はヒルカメレオン(ブラック将軍)をモチーフにしているのかと思ったが、今回倒されてしまうところを見ると、仮面ライダー第6話に登場した死神カメレオン(ザコ)がモチーフだったのかもしれない。

工藤(サーベルタイガー)も灰谷(プラナリア)も、前回あっさり倒されたところを見ると、やはりただのザコだったのか? とも思うが、あれだけイキっていたにも関わらず、あまりにもあっけなかったのに疑問が残るのと、最後はギフに吸収されたので、ひょっとしたら、後半戦で新たな上級幹部として復活することもあるかもしれない。

それにしても、これまではデッドマン → デッドマン フェーズ2 → ギフテクスという順番で出世魚のように名付けられていたものが、ここにきて「フェーズ3」という新たな呼び名が登場したのは何故だろう? 今後、フェーズ3を上回る、スーパーサイヤ人に対するスーパーサイヤ人2みたいなものが登場するのだろうか?

先述したとおり、今回、偽・若林も消滅してしまったため、オルテカはたった一人となってしまった。次回予告では「新生デッドマンズ」などと宣言していたので、これまでのデッドマンズという組織をオルテカが率い、アギレラ様とフリオが反逆者といった扱いになるのかもしれない。

ギフを乗せたまま墜落するデッドマンズベースを見て泣き叫ぶアギレラ様に、「信者を集めるためのただのお人形」とまでディスったオルテカが、2人と再び行動を共にすることは無さそうだ。

また、フリオの純粋な想いは、いつかアギレラ様に届くのだろうか? 「私は守って欲しくなんかない!」と叫んだアギレラ様だったが、その言葉の裏側に潜むものは? 小さな恋(?)の物語の結末はいかに??

アギレラ様とフリオ
画像引用元:仮面ライダーリバイス

狙われた幸実、救ったのはヒロミ

偽・若林にデッドマンズに入った経緯を聞かれて「世界は俺のもの」と答えるオルテカ。

オルテカ
画像引用元:仮面ライダーリバイス

なんとも不遜だが、これが本来の彼なのだろう。

その願いを叶えてやろうという偽・若林は、五十嵐兄妹を仕留めるため、母・幸実に姿を変え、五十嵐家に潜入しようと試みるが、ヒロミが機転をきかせたおかげで、幸実は無事に救出される。

二人の幸実
画像引用元:仮面ライダーリバイス

いかにも第1クールの締め括りらしく、母の前で3人揃っての変身、そして堂々のバトルを見せる五十嵐兄妹。

五十嵐兄妹揃っての変身
画像引用元:仮面ライダーリバイス

一輝は久々にイーグルゲノムへとチェンジし、姿を隠したカメレオン・デッドマンの居場所をその特殊な目で見つけ、さくらは前回も使ったタートルゲノムでギフジュニアたちを一掃。さらに大二は、仮面ライダーライブとしては初のゲノムチェンジを見せる。高速攻撃が得意なジャッカルゲノム。エビルでは既に見知っていたが、ライブとしては初である。

仮面ライダーライブ・ジャッカルゲノム
画像引用元:仮面ライダーリバイス

今回から、バトル時に五十嵐三兄妹が歌う挿入歌が流れることになった(今後も継続するのかは不明)。あくまでも挿入歌なので、劇中のセリフや効果音のバックでうっすらと流れているのを耳にしただけだが、とにかく大二(日向亘さん)の声ばかりが聞こえた気がするのは、一人だけパートが多いというワケではないだろうから、声質なのか? とにかく、きちんと全部を聞いてみたい曲ではある。

ちなみに、主題歌『liveDevil』Da-iCE feat.木村昴は、フルサイズが2021年12月22日に解禁となった。TVサイズだけでもカッコよかったが、フルで聞くと、さらにカッコよさ増し増し。Apple Musicなどでも配信されているので聞いてみて欲しい。オススメだ。

それにしても、若林が偽物だとわかった途端、司令官に出世したヒロミ。デモンズへの変身の身体的負担が大きいのか、体調不良を訴え続けているが、それを嘲笑うかのような狩崎は、完全に何かを知っているようだが・・・?

ヒロミを嘲笑うジョージ・狩崎
画像引用元:仮面ライダーリバイス

聞こえたのは心音、この上もない自己嫌悪

回収されたギフは、ジョージ・狩崎の手で解析されることとなったが、物質としては石であるという。しかし、人間にはわからない程の微細な振動を発していることもわかった。その振動を5000倍に拡大してみたところ、それは心音であった。オープニング映像の中でも、第1話で一輝が初変身を遂げた際にも使われた心臓が鼓動を打つ映像が使われる。

ギフの心臓
画像引用元:仮面ライダーリバイス

『ジョジョの奇妙な冒険』第2部に登場した“柱の男”みたいだ。そもそもギフスタンプが発見されたのが南米の遺跡(おそらくアステカ文明)ということもあって、余計に『ジョジョ』を想起させる。柱の男・サンタナは、人間の血を吸わせることで復活したが、ギフはギフテクス以上の悪魔の力を吸わせることで復活するということなのだろう。

脚本家の木下さんが『ジョジョ』フリークかどうかは不明だが、ひょっとしたら、ギフなんてサンタナ程度の可能性もゼロではない。劇場版ではギフと対になる存在としてディアブロという悪魔が登場したが、ひょっとしたら、『ジョジョ』のカースみたいなラスボスが存在している可能性は十分にある。

そしてついに、カメレオン・デッドマンの正体が明かされた。

カメレオン・デッドマンの正体
画像引用元:仮面ライダーリバイス

リバイにこれでもかとボコられ、消滅する間際に現れた素顔は、まさかの加藤さん。ご存知、元・ザブングルだ。牛島太助説はあっさり崩れたが、それはそれとして、あれだけ「世の中で自分自身の姿が一番嫌い」といったセリフを言わせておいて、その正体に選ばれた加藤さんの気持ちはどんなものだったろう? と考えると、ブサイクネタで一世を風靡した人とはいえ、なんだか哀しい気もするのは、“今さら・・・”みたいなところがあるからだ。もしもこれがあの頃なら、人気の証とも言えるのだが、あれから既に10年は経っているワケで、今、改めて日本一のブサイクとして認定されてしまったように思えるのは、なんだか切ないです。

もちろん、全然ブサイクじゃないのに、単なるコンプレックスで「俺なんて・・・」と卑屈になっている人を選ぶこともできたのだろうが、流石にメイン視聴者が子どもたちとなれば、そういった設定はわかりづらいということもあったのだろう。ザブングルのあのネタを知っていた人たちにとっては、「そう来たか」と、クスッと笑えたこともまた事実だろう。

ご存知の方も多いとは思うが、既にザブングルは解散してしまっており、現在、加藤さんはピン芸人として活動している。ほんの一瞬ではあったが、この出演により、ライダー俳優の仲間入りも果たしたことになる。今後は芸人だけでなく、俳優としてのご活躍もひっそりとお祈りしたい。

元太の謎、牛島家の秘密

前回、ぎっくり腰になった五十嵐元太は、ヒロミの計らいでフェニックスの医療施設を受診するのだが、その際撮影したレントゲン写真で、心臓が無いという衝撃の事実が発覚する。

元太の心臓はどこ?
画像引用元:仮面ライダーリバイス

ギフには心臓があり、元太には心臓がない。

この符号は何を意味するのか? まさか元太こそがギフ? それとも、これもまたミスリードで、全然違う真実が用意されているのだろうか? 相変わらず、謎が謎を呼ぶ展開である。いいぞ、もっとやれ。

そしてラストは、牛島家を訪ねたさくらの前に、謎の地下への入り口が現れる。

牛島家で謎の入り口を見つけるさくら
画像引用元:仮面ライダーリバイス

第2クールは、牛島家の謎解禁からスタートするのだろうか? こちらも楽しみだ。とはいえ、来週はお休み。次回は2022年1月9日の放送である。見逃し、もしくは見返しはTTFC(東映特撮ファンクラブ)で。とは言え、毎月課金のアプリなので、入会する価値があるのか知りたいという方は、以下の記事をどうぞ。

雷堂

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

世界中の子供たちと、ヒーローを忘れられない大人たちへ。最大級の特撮レビューサイトをつくるのが夢。歴代仮面ライダーを中心としたイラストも書いています。マスク割れアイコンが目印。

WordPressテーマ「SWELL」

目次
閉じる