『仮面ライダーリバイス』第5話・正義とは何か?【本音レビュー】

第5話「世直しライダー!裏切り者は誰だ!?」(監督:上堀内佳寿也 脚本:木下半太)を思ったままにレビューします。

見どころを5つに絞ってご紹介し、気になった点についてもハッキリ書きます。

一部ネタバレも含みますが、あえてあらすじなど詳細には触れませんので、これを読んでから本編を視聴しても問題なく楽しめるはず。どうぞ最後までお付き合いください。

目次

キャスト

まずは今回のキャストをご紹介します。本作初登場でウィキペディアに記載のある方はリンクを貼っておきますので、他の参加作品などもチェックしてみてください。

【キャスト】

五十嵐一輝/仮面ライダーリバイ:前田拳太郎

バイス/仮面ライダーバイス(声):木村 昴

五十嵐大二:日向 亘

五十嵐さくら:井本彩花

ジョージ・狩崎:濱尾ノリタカ

アギレラ:浅倉 唯

オルテカ:関 隼汰

フリオ:八条院蔵人

伊良部正造:西郷 豊

門田ヒロミ:小松準弥

ボン:宇佐卓真

本田茂夫:林家木久扇

若林優次郎:田邊和也

五十嵐幸実:映美くらら

五十嵐元太:戸次重幸

ヒロミ・・・?

第1話での失態により、司令官の任を解かれ、分隊長へと降格してしまった門田ヒロミ。

門田ヒロミ
画像引用元:仮面ライダーリバイス

「絶対に返り咲いてみせる」と、90年代に坂井真紀さんを起用したTBCのCMみたいなセリフを吐いて決意を新たにするヒロミ。

ちょうどその頃、フェニックス内に保管されていた「コング」と「ライオン」の2個のバイスタンプが盗まれてしまう。

保管庫への入室記録は消されていたようだが、我々視聴者にはヒロミのIDで何者かが入室したことが示される。

門田ヒロミID
画像引用元:仮面ライダーリバイス

通常なら、ヒロミではない誰かが犯人なのだろうが、そう思わせておいて、やっぱりヒロミかもしれない。しかし、その後もやけにヒロミが怪しいと思わせるシーンが続くため、さすがにヒロミではなさそうだが、さらに裏をかいてヒロミだったりするのだろうか? 『古畑任三郎』や『ガリレオ』などにも夢中になっていた私からすれば、目が離せない展開である。

凸系YouTuberとじいちゃん

ライオンのバイスタンプは、ボンという凸系YouTuberに託されていた。

ボン
画像引用元:仮面ライダーリバイス

正義を振りかざし、ブラック企業に凸するボン。ただの迷惑野郎だが、リアルでも、こういうYouTuberは後を絶たない。

そのボンを心配するじいちゃん役が木久扇師匠。

林家木久扇リバイス出演
画像引用元:仮面ライダーリバイス

『リバイス』出演が解禁されてバズったらしい。こうして大御所が仮面ライダーに登場するのは『ゼロワン』に出演した大和田伸也さんを彷彿とさせるが、演技は微妙だ。上手いとか大根だとか、そういう判断がまずできない。果たしてこれが演技なのかもわからない。ただの弱ったおじいちゃんがカメラの前でセリフを読んでいるだけに見えなくもない。

そういえば、大和田伸也さんが『ゼロワン』に出演した時も微妙だった。大物時代劇役者みたいな役だったと思うが、剣さばきに迫力が微塵も感じられなくて、話題性のみだったとガッカリした覚えがある。どうせチャンバラを見せたいなら、高橋英樹さんをキャスティングして欲しかった。あの人の剣戟は最高である。

ライオンゲノム(クウガ)

今回初登場のゲノム(フォーム)はライオンゲノム。オルテカとフリオというデッドマンズの幹部二人に苦戦したリバイとバイスがライオンバイスタンプで変身する。

クウガをモチーフにしたデザインで、変身音は「ガオーン!ゲットオン!野獣の王!ライオン!見ててください!俺の雄叫び!」と、最後の部分は五代雄介のセリフをアレンジしているが、これに反応するのは大きなお友達だけである。バイスがひっそりとクウガの変身ポーズを取っているところにも注目だが、これもやはり大きなお友達向けの演出だ。

小さなお友達向けは、その後に続くバイスの「ニャオ」というセリフだけだろう。ここにイズがいたら、「ライオンなのにニャオというところが・・・」と面白ポイントを説明してくれそうなものである。

リバイスライオンゲノム
画像引用元:仮面ライダーリバイス

ライオンの姿にリミックス変身すると、咆哮によって衝撃波を放つなど、かなりの攻撃力を見せつけ、なんとオルテカを倒してしまう(すぐに復活してしまうが)。さすが百獣の王は伊達ではない。

ライオンリミックス
画像引用元:仮面ライダーリバイス

しかし、まだまだこれからも新しいバイスタンプが登場することを考えれば、すぐに劣化するのもわかりきっている。このあたりは、看板スポンサーの意向を無視できない弊害だろう。

新ライダー登場

唐突に姿を現したのは、噂の新ライダー。

仮面ライダーエビル
画像引用元:仮面ライダーリバイス

胸にはコウモリのマークが描かれているので、「バットゲノム」ということだろう。『龍騎』のナイトや『キバ』とはまた違ったテイストのコウモリモチーフ。デザインは全体的にシンプルでシャープだ。とはいえ、のっぺりしているわけではなく、細かい凹凸がアクセントになっている。目のあたりの造形もカッコよく、個人的にも結構好き。

ただし、どこか『ゴースト』に登場しそうな雰囲気もある。複眼部分がマスクとツライチになっているからだろうか。

戦闘力も凄まじく、右手に持った剣の一振りでバイスを宙に跳ね上げてしまう。

仮面ライダーエビル
画像引用元:仮面ライダーリバイス

その頃、近くに待機していたフェニックスの隊員たちは皆、気絶させられていた。バイスを一撃で片付けたところを見るに、殺されなかっただけありがたく思った方がいいかもしれない。

倒れているフェニックス隊員たち
画像引用元:仮面ライダーリバイス

その前の映像では5人いたはずのヒロミの隊で、倒れている人数は4人。しかも、隊長クラスが所持しているはずのガンデフォンを持っている者はいない。では、ヒロミはどこに? やはりヒロミが??

画像引用元:仮面ライダーリバイス

正義を問う深いエピソードだが、残念なシーンも

「正義とは?」

そんな哲学のような問題に疑問を持ち始めたのは、さくら。

第3話で、ほんの数%の人間が富を独占し、明日のパンにも困る大勢の人たちを抱える不公平極まりない世界。その中で誰かが本気の怒りを見せないと何も変わらないと言った誘拐犯の一言が引っかかっているのかもしれない。確かに考えさせられる言葉だった。

誘拐犯リバイス
画像引用元:仮面ライダーリバイス

誘拐という行為は決して許されることではないが、それが世界の不公平さを糾弾するために勇気を振り絞った行動だったとしたら? そんな疑問が頭をもたげたのではないか。

そして、犯人をあぶり出すために、一般人であるボンを囮にしようと言い出す大二。

自分たちの目的を果たすために、他人を利用しようとすることは果たして正義の行いなのかどうか。

今回登場した凸系YouTuberの行いも、やはり自身の考える正義を振りかざして暴挙に出るというもの。『リバイス』の主題歌の中でも”正しさで裁き合うようなこの世界で”という一節があるが、どうも『リバイス』には「正義感」について問いかける姿勢が見られる。

正義を描くために、あえて正義という価値観の危うさを見せつけるという展開は、子供たちには疑問符しか浮かばないかもしれないが、いつの日か、腑に落ちる日が来るだろう。「子供にも特撮ファンにも媚びない」と宣言していた脚本家・木下さんの本気がうかがえる。

戦争を描くことで平和の大切さを説いた『ガンダム』のような匂いさえする。

それにしても、新ライダーの正体は、散々怪しげな動きを見せていたヒロミなのだろうか? それとも、急に攻撃的な言動が目立ち出した大二? それとも・・・?

『W』のようなミステリ調の展開も楽しみな『リバイス』。次回に向けて、また心が沸き立ち始めたが、今回唯一残念だったのは、アクションシーンの一幕。

ギフジュニアにヘロヘロタックルをかます一輝
画像引用元:仮面ライダーリバイス

襲いかかるギフジュニアにタックルをかます変身前の一輝だが、タックルに腰が入っていないのか、吹っ飛ばされるギフジュニアがイマイチだったのか、ヘロヘロタックルになってしまっていた。

リバイスはアクションシーンが良いだけに、ちょっと残念。しかしそれ以外は期待を裏切らない回だった。まだ見ていない方は、是非「TTFC(東映特撮ファンクラブ)」で見て欲しい。

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

世界中の子供たちと、ヒーローを忘れられない大人たちに向けて、さまざまな”ヒーロー”に関するブログと、歴代仮面ライダーを中心としたイラストを書いています。マスク割れアイコンが目印。

WordPressテーマ「SWELL」

目次
閉じる