シリーズ初の3D映画「仮面ライダー世界に駆ける」感想【ネタバレ】

果てしなくダサい。

画像引用元:仮面ライダー世界に駆ける

タイトル自体もダサいうえ、少しばかりマンガを上手に描ける子に3D映画のタイトルを任せたら、おそらくこういう図柄にするんじゃないか? というくらいベタなタイトルロゴにがっかりしますが、それでもこのタイトルロゴが画面から飛び出してくるのを目にした当時の子供たちは歓喜したのかもな、と思うと、諦めもつくというもの。

それもそのはず。この映画が公開されたのは1989年のこと。北海道夕張市石炭の歴史村に架設された3D立体映像館で、半年ほど上映された作品でした。

そして仮面ライダーシリーズ初となる3D映画。現在配信されているものは通常の2D映像でしかありませんが、仮面ライダー史を語るうえでは外せない作品ですので、レビューします。

目次

ストーリー

クライシス帝国のジャーク将軍は、宿敵「仮面ライダーBLACK RX」を進化前の姿である「仮面ライダーBLACK」に退化させ、弱体化したうえで倒せば良いと考えます。ある意味、天才。

過去の世界に引きずり込まれ、「BLACK」へと退化させられてしまった南光太郎に、一度は敗れた再生怪人軍団が襲いかかり、絶体絶命のピンチに陥る光太郎ですが、様々な時空世界からやってきた「RX」「ロボライダー」「バイオライダー」に救われます。

4つのパラレルワールドから集った4人の光太郎。まるごと全部、南光太郎です。「マナカナ」と「ザ・たっち」を足したって敵わないでしょう。なんたって、全て同一人物なのですから。

劇場版仮面ライダーでは、複数の作品に登場するライダーたちの夢の競演が見どころのひとつですが、ここまで不可思議な競演は後にも先にもこれだけです。4人が一斉に必殺技を決めるシーンには胸が熱くなります。

画像引用元:仮面ライダー世界に駆ける

見どころ

仮面ライダーBLACK
仮面ライダーBLACK RX
ロボライダー
バイオライダー

この4人のライダーが揃い踏みすること。それこそがこの映画最大の見どころです。

上映された1989年当時は、3D映像も見どころだったのでしょうけれど、今、それを確認する術はありませんし、今の目で見たら「なんじゃいこりゃあ・・・」と思わず呟くくらいのレベルであることは想像に難くありません。

ちなみにこの映画が3Dだったと知らずに見たら、マジでがっかりするレベルだと思います。上映時間も約17分と、TVシリーズ1話にも満たないので。

ところが「3D映画だった」ということを理解したうえで見てみると、今度は逆に結構練り上げられた作品だったことがわかります。

上から飛びかかってくる敵を、下から見上げる1人称視点で撮影する冒頭から、すぐにそういったこだわりが理解できます。もしも前情報なく見てしまったという方は、この事実を踏まえたうえでもう一度ごらんください。きっと見え方が変わりますから。

ただし3D映像としての見せ方にこだわるあまり、CGはほぼ使っていません。それによって見え方が地味になっているだけでなく、不自然なワイヤーアクション(例えばライダーキックのシーンではバッとジャンプしてキックをズバッと決めるのではなく、ふわーんと持ち上げられて、敵を不自然になぎ倒すように見える)が目立ちます。

それも、当時の3D映像技術のレベルと、予算の問題だと理解する他ないのですが。

いずれにしても、仮面ライダー史に残る1本であることに間違いはありません。当時放映中で大人気だった「仮面ライダーBLACK RX」を題材とした割には色々ダサいとは思いますが、ライダーファンを自認するなら見ておいて損はありません。

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

世界中の子供たちと、ヒーローを忘れられない大人たちに向けて、さまざまな”ヒーロー”に関するブログと、歴代仮面ライダーを中心としたイラストを書いています。マスク割れアイコンが目印。

WordPressテーマ「SWELL」

目次
閉じる