『仮面ライダーセイバー』第27章・寂しい時は僕と握手!【ネタバレ】

仮面ライダーセイバー第27章「哀しみを、笑顔に変えて。」(監督:坂本浩一 脚本:長谷川圭一)をレビュー。

遠慮なくネタバレするので、気になるようなら、本編を視聴後にお読みください↓

多少辛口になりますが、どうぞ、最後までお付き合いください。

目次

キャスト

ここではキャストをご紹介します。

【キャスト】

神山飛羽真/仮面ライダーセイバー:内藤秀一郎

新堂倫太郎/仮面ライダーブレイズ:山口貴也

須藤芽依:川津明日香

富加宮賢人:青木 瞭

尾上 亮/仮面ライダーバスター:生島勇輝

大秦寺哲雄:岡 宏明

ユーリ/仮面ライダー最光:市川知宏

ストリウス:古屋呂敏

レジエル:高野海琉

ズオス:才川コージ

少年:青木 凰

タッセル:レ・ロマネスクTOBI

復讐のレジエル

炎の剣士セイバーへの復讐に燃えるレジエルは、禁断の秘術で大幅なパワーアップを果たし、セイバーを誘い出すため暴れ回る。

画像引用元:仮面ライダーセイバー

しかし飛羽真は、禁書・プリミティブドラゴンの力を制御するため、リベラシオン(ドラゴンボールの「精神と時の部屋」的な空間)に閉じこもり、禁書の力で暴走した時に現れる、哀しみをたたえた謎の少年との対話中。

そこで、尾上とユーリのふたりがレジエルを止めるため立ち向かうが、まるで歯が立たない。尾上はともかく、ユーリは世界で最初に生まれた2本の聖剣のうちの1本・光の聖剣の化身だというのに、この弱体化は酷すぎる・・・。

いつの間にか、主人公以外は全員ザコという状況になっている。

焼かれても焼かれても

謎の少年との対話を試みる飛羽真だったが、少年は一向に心を開いてくれる様子がない。

手を差し伸べる飛羽真に、その都度炎を浴びせる。

燃やされる飛羽真
画像引用元:仮面ライダーセイバー

飛羽真は、何度焼かれても対話を続けるが、まるでコントである。

燃やされる飛羽真
画像引用元:仮面ライダーセイバー

いや、そもそもこれだけ炎を浴びせられて生きてるとか、普通に凄すぎる。

飛羽真は炎の剣士だから、なのか? それにしたって、服も燃えないのはどうかしている。

エレメンタルプリミティブドラゴン

いつまでも心を開いてくれない謎の少年との対話に疲れ果て、リベラシオンを抜け出た飛羽真は、レジエルの暴挙を知り、その元へと向かう途中、崩壊した街で家族を見失い「みんなどこに行ったの?」と泣き叫ぶ少年を救った瞬間、謎の少年の哀しみの理由が、この家族を求めて泣いている少年と同じではないのか? と閃く。

変身してレジエルと戦う飛羽真だが、レジエルの力は圧倒的。未だ制御できないとはいえ、あのプリミティブドラゴンの力を使ってもレジエルには敵わない。止まらないパワーインフレの連鎖。

その飛羽真の前に、またも謎の少年が現れる。そこで「君が哀しむ理由を教えてくれないかな?」と問いかける飛羽真に、人とドラゴンが共存していた古の時代、ドラゴンを恐れた一部の人間たちの手によってドラゴン狩りが行われ、自分だけが生き残ってしまったと語る少年。

それを聞いた飛羽真は、小説家らしくその場で少年がひとりぼっちではないという物語を作って聞かせる。初めて笑顔を見せた少年に「俺とも友達になってくれないかな?」と手を差し出す飛羽真。少年は握手で応える。

ここに、ブレイブドラゴンとプリミティブドラゴンががっちりタッグを組んだ新フォーム「エレメンタルプリミティブドラゴン」が完成。

画像引用元:仮面ライダーセイバー

禁断の秘術を使ったレジエルはこれで完全消滅。

胸の前でブレイブドラゴンとプリミティブドラゴンががっちり握手したようなデザインが特徴的。全身を包む炎の色は赤、黄、青の3色。

カッコいいか? と問われれば、即座にうなずくことはできないが、一見して強そうなデザインであることは確か。

封印された力の化身と、心の触れ合いを通じて力を手に入れるという展開は”ファンタジーあるある”で、目新しさは感じないが、どんな困難にも挫けず、苦しみ悩む誰かを救うヒーローの姿に、「ありきたり」なんて言葉を使うべきではない。

人の悩みなんて、その本質は昔から変わらない。となれば、その悩んでる人を救うヒーローだって、姿形は変わっても、その在り方は変わらないのだ。

『仮面ライダーV3』で主役の風見志郎を演じた宮内洋さんが、「特撮ヒーロー番組とは、子供たちに正義の心を教える教育番組に他ならない」と、語ったことがあるが、まさにそれ。我々は、つい大人目線で評論しがちだし、今の特撮ヒーロー番組が大人の視聴にも耐えられるようなしっかりした作りになっていることもそれを助長しているが、それでもやはり特撮ヒーロー番組は、最後は子供たちのものであるべきだ。

そういった意味において、『仮面ライダーセイバー』は子供たちが成長していくうえで見ておいて欲しいヒロイックな要素は十分。

ただ、禁書と言われるとんでもない力を秘めた本を、ドラマの折り返し点をちょっと過ぎた程度のタイミングで出してしまって良いのか? という大人目線での不安は残る。

先述したとおり、『セイバー』のパワーバランスは乱高下が激しすぎる。

実際、あれだけパワーアップしたレジエルをあっさり倒してしまうのだから。

しかも、禁断の秘術によるパワーアップをしたレジエルは、これで一応はおしまいということになってしまった。まだ残り20話ほども残っているはずなのに、幹部がこうも簡単に切り捨てられて良いのか? と心配になる。

もうひとつ心配なのは、今回で姿を消したレジエルが蘇ってしまう可能性がゼロではないこと。メインライターが『仮面ライダーゴースト』の福田卓郎さんなだけに気になっている。

子供向けだから、安易に人は殺せないのかもしれないが、死んだ命は蘇らないということを徹底することで、命の大切さをも説いて欲しいと思うのだ。『ゴースト』は死んでも死んでも蘇る『ドラゴンボール』のような展開だったから、その二の舞にだけはなって欲しくない。

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

世界中の子供たちと、ヒーローを忘れられない大人たちに向けて、さまざまな”ヒーロー”に関するブログと、歴代仮面ライダーを中心としたイラストを書いています。マスク割れアイコンが目印。

WordPressテーマ「SWELL」

目次
閉じる