『仮面ライダーセイバー』第11章・暴走する賢人、傷つく倫太郎【ネタバレ】

賢人の父だと思われていた仮面ライダーカリバーの正体は、先代炎の剣士・上條大地だった。

驚きの展開から続く『仮面ライダーセイバー』第11章「乱れる雷、広がる暗雲。」(監督:中澤祥次郎 脚本:長谷川圭一)をレビュー。

どうぞ最後までお付き合いください。

目次

キャスト

ここではキャストをご紹介します。

【キャスト】

神山飛羽真/仮面ライダーセイバー:内藤秀一郎

新堂倫太郎/仮面ライダーブレイズ:山口貴也

須藤芽依:川津明日香

富加宮賢人/仮面ライダーエスパーダ:青木 瞭

尾上 亮/仮面ライダーバスター:生島勇輝

緋道 蓮/仮面ライダー剣斬:富樫慧士

大秦寺哲雄/仮面ライダースラッシュ:岡 宏明

ストリウス:古屋呂敏

レジエル:高野海琉

ズオス:才川コージ

神代玲花:アンジェラ芽衣

デザストの声:内山昂輝

タッセル:レ・ロマネスクTOBI

先代炎の剣士・上條大地/仮面ライダーカリバー:平山浩行

ソフィア:知念里奈

託されたカギ

物語の序盤、レジエルが6体のゴブリンメギドを召喚する。

同時に6つの街が襲われるという、かつてない状況に慌てふためく芽依。

そんな芽依をなだめるように「とても大切なもの」だという1本のカギを託し、どこかへ消えていくソフィア。

須藤芽依とソフィアから託されたカギ
画像引用元:仮面ライダーセイバー

このカギが一体何なのか? それについての説明は一切ないが、今後の物語を左右する重要アイテムなのは間違いないだろう。

消えたソフィア

神代玲花
画像引用元:仮面ライダーセイバー

「カリバーの居場所を教えてあげましょうか?」

サウザンベースの謎の美女にもたらされた情報に従い、賢人と倫太郎が向かった先には、ソフィアと上條がいた。二人は旧知の間柄だ。

上條の真意を質そうとするソフィアに、「真理を手に入れるため、悪魔に魂を売った」と言う上條。

その様子を一目見て、ソフィアと上條が裏で繋がっていると勘違いする賢人は、「組織が父に罪を着せたのか?」と二人を問い詰める。

誤解を解こうとするソフィアの言葉も聞かず、倫太郎の制止も振り切って、カリバーに斬りかかる賢人。

その戦いの最中、ソフィアが不意に消えてしまう。

煙の中へ消えるソフィア
画像引用元:仮面ライダーセイバー

まるで煙に巻かれたような演出だったが、これはどう言うことなのだろう?

先ほど芽依にカギを渡したのは、虫の知らせだったとでも言うのだろうか?

ジャオウドラゴン

ジャオウドラゴン
画像引用元:仮面ライダーセイバー

「邪道を極めた暗闇を纏い、数多の竜が秘めた力を開放する」

前回のラストで誕生した新たなワンダーライドブック「ジャオウドラゴン」による初変身。

中二病全開の前口上の後、デスメタル調の歌が続く。

”Jump out the book open it and burst. The fear of the darkness. You make right a just no matter dark joke. Fury in the dark”

Googleの翻訳サービスで直訳してみると、「本を飛び出して開いて破裂させます。 闇への恐れ。 ダークジョークに関係なく、あなたは正しいことをします。 暗闇の中での怒り」とのこと。ちょっと、何言ってるかわからない。

それに続く「ジャオウドラゴン!誰も逃れられない・・・」というラスト。声優・大塚明夫のうまさ全開だ。マジでカッコいい。

前回のラストで、ストリウスが「人間に扱えるか、わからない」と言っていた「ジャオウドラゴン」だったが、その言葉どおり、信じられないほどの力で賢人を圧倒する

ワンダーコンボを決めた賢人の一撃をものともしない。

倫太郎が「禍々しい」と表現していたが、デザインとしてもかなりカッコいい。

賢人と倫太郎

15年前に組織を裏切ったとされてきた父だとばかり思っていたカリバーが、いつの間にか上條にすり替わっていたという事実に動揺を隠せない賢人。

組織の一員としての責務も忘れ、自らの疑問を晴らすためだけに動き回る賢人を諌めようとする倫太郎。、

正論ばかりを振りかざす倫太郎に、「裏切り者の父を持った俺の気持ちがわかるのか!?」と、怒りを爆発させる賢人だったが、親がおらず、組織に育てられた倫太郎の「組織こそが自分にとっての家族」という想いを知る。

しかし、上條に「お前の父は俺が斬った」と言われ、後先考えずに暴走。

必殺の一撃もあっさりと跳ね返され、「父の元へ行け!」と、トドメを刺されそうになった瞬間、割って入ったのは倫太郎。

賢人と倫太郎
画像引用元:仮面ライダーセイバー

上條の一撃を受け、血を吐き、倒れる倫太郎は、それでも賢人のことを「大切な仲間であり、家族」と微笑む。”いいひと”過ぎて泣ける。

レジエルの企み

画像引用元:仮面ライダーセイバー
画像引用元:仮面ライダーセイバー

円を描くように、6つの街を6体のゴブリンメギドに襲わせるレジエル。

ノーザンベースの6人の剣士たちは、それぞれに別れて戦うことを強いられているようにも思うが、何故か飛羽真と大泰寺は共闘。

大泰寺の持つワンダーライドブック「ブレーメンのロックバンド」によって、新フォーム「ドラゴンブレーメン」を披露するセイバー。

画像引用元:仮面ライダーセイバー

完全なるご都合主義だ。

それにしても。蓮と飛羽真がゴブリンメギドを倒した瞬間、二人の聖剣が輝き出し、それぞれの力を象徴する光の柱(蓮は”緑”、飛羽真は”赤”)が、天へ向かって伸びたが、これは何かの儀式なのか?

画像引用元:仮面ライダーセイバー

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

世界中の子供たちと、ヒーローを忘れられない大人たちに向けて、さまざまな”ヒーロー”に関するブログと、歴代仮面ライダーを中心としたイラストを書いています。マスク割れアイコンが目印。

WordPressテーマ「SWELL」

目次
閉じる