『仮面ライダーセイバー』第24章・ベテランは背中で語る【ネタバレ】

サウザンベースで偶然手に入れた禁書・プリミティブドラゴンによって暴走した飛羽真。

組織・ソードオブロゴスの真意が見えず、葛藤する剣士たち。

中でも最年長の剣士・尾上 亮が苦悩の末に辿り着いた答えとは?

『仮面ライダーセイバー』第24章「父の背中、背負った未来」(監督:柴﨑貴行 脚本:毛利亘宏)についてレビューします。

どうぞ最後までお付き合いください。

目次

キャスト

ここではキャストをご紹介します。

【キャスト】

神山飛羽真/仮面ライダーセイバー:内藤秀一郎

新堂倫太郎:山口貴也

須藤芽依:川津明日香

尾上 亮/仮面ライダーバスター:生島勇輝

緋道 蓮:富樫慧士

大秦寺哲雄:岡 宏明

ユーリ/仮面ライダー最光:市川知宏

ストリウス:古屋呂敏

レジエル:高野海琉

ズオス:才川コージ

神代玲花:アンジェラ芽衣

尾上そら:番家天嵩

夢の中の少年:青木 鳳

タッセル:レ・ロマネスクTOBI

禁書の謎

前回、潜入したサウザンベースで、偶然「禁書」を手に入れた飛羽真。

まるで自らの意思を持つような禁書が腰のドライバーに収まったとき、破壊衝動むき出しの「プリミティブドラゴン」フォームへと変身し、敵味方の見境なく暴走してしまった。

我を失ったそのとき、飛羽真は森の中で一人の少年に出会う夢を見ていた。

そのことが頭を離れない飛羽真は様々な文献を調べる中で、「忘却の果てには哀しみが それは破滅を求める手」という一節に目が止まる。

意味はわからないが、なんだかやけに気になる。禁書の謎を解くカギなのかもしれない。

実際、プリミティブドラゴンの力は相当のもの。あのレジエルをも寄せつけないほどの圧倒的な力を手に入れることができれば、これからの戦いもグッと有利になるだろう。

そらの目

倫太郎、尾上、蓮の3人を煽って、禁書奪還を企てる神代玲花と組織・ソードオブロゴスに不信感を抱く尾上に、息子そらは「迷ってるなら飛羽真と一緒に戦えば?」と声をかける。

「小説家(飛羽真)のことは好きか?」と尾上に聞かれ、「うん!お兄ちゃんはウソをつかないから」と答えるそら。

尾上亮と尾上そら
画像引用元:仮面ライダーセイバー

そんなそらを見て、飛羽真に全力のタイマン勝負を挑む尾上。自分、不器用っすから・・・。

昔の青春ドラマのように、拳(剣)で語り合う二人。

セイバーとバスターによるタイマン勝負は、およそ3分にもわたって繰り広げられる。

セイバーとバスター
画像引用元:仮面ライダーセイバー

物語的には決して目新しいものではないし、こういう不器用キャラにはお約束の展開だが、見て欲しいのは展開そのものよりもスーツアクターの演技。

バスターを演じるのはスーツアクター界のレジェンド、岡元次郎さん。仮面ライダーBLACKでデビューし、その後も数多くの特撮ヒーローの中の人を演じ続けてきた名優だ。ミスター平成ライダー・高岩成二さんも、次郎さんがいなかったら、ヒーローの道を歩んではいなかったと語っている。

特にこのバスターが戦うシーンでは、音を消して見て欲しい。

BGMや効果音やセリフといった、全ての音が消え、ライダーたちの動きしか見えなくなる。それはつまり、スーツアクターさんの演技だけが見える世界だ。

アクションだけで表現される尾上の感情。

仮面ライダーバスター
画像引用元:仮面ライダーセイバー

ベテランには言葉などいらない。その背中で、言葉以上のものを語るのだ。

戦いは引き分けで終わるが、飛羽真に”可能性”を見た尾上は組織を離れ、飛羽真たちと共闘することを決意する。

これでソードオブロゴスに残っているのは、頑固な倫太郎と、揺れ続ける蓮のふたりとなってしまった。

蓮と倫太郎
画像引用元:仮面ライダーセイバー

そして、セイバーとバスターの激闘の後、放り出されたライドブックを奪ったのは、やはり玲花なのか?

画像引用元:仮面ライダーセイバー

”煙”の力を操る聖剣が、いよいよ次回、姿を現す。

プリミティブドラゴン再び

前回、プリミティブドラゴンになす術もなくボコられたレジエルは、仲間であるズオスにさえ「生きてて良かったなー?」とイジられる始末。

画像引用元:仮面ライダーセイバー

怒り狂い、復讐に燃えるレジエルは、セイバーを誘き寄せるため、街を無差別に攻撃する。

駆けつけた飛羽真とユーリだったが、大量のアルターライドブックを使ってドーピングしたレジエルには歯が立たない。

ドーピングするレジエル
画像引用元:仮面ライダーセイバー

そのとき、大秦寺により解析されていたプリミティブドラゴンが、自らの意思で飛羽真の元へ飛び、プリミティブドラゴンへフォームチェンジ。

プリミティブドラゴン
画像引用元:仮面ライダーセイバー

変身音声は「バキッ!ボキッ!ボーン!ガキッ!ゴキッ!ボーン!プリミティブドラゴン!」と、「ズババババーン!」が独り歩きしてしまった往年のヒーロー「超人バロム1」を想起させる、まさにプリミティブ(原初的)なものとなっている。

さらに、暴走してしまった飛羽真を止めようとした倫太郎からワンダーライドブックを奪い取ってしまう。

画像引用元:仮面ライダーセイバー

芽依まで手にかけようとする飛羽真を止めたのは、まさかのカリバーだった・・・。

仮面ライダーカリバー
画像引用元:仮面ライダーセイバー

死んだはずのカリバーが何故、またここに?

ちょうど折り返し地点と思われる第24章で、既に退場の気配のするレジエルには、うっすら同情さえ感じるが、やはり『セイバー』は展開が3テンポくらい早いと感じる。

このレビューを書くうえでも、何度か見返さないと追いつかない。

こういったときに便利なのが、見逃し配信をしているアプリ「TTFC」。

有料だが、ライダーファンなら余裕で元は取れるのでオススメだ。

それではここまでお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

世界中の子供たちと、ヒーローを忘れられない大人たちに向けて、さまざまな”ヒーロー”に関するブログと、歴代仮面ライダーを中心としたイラストを書いています。マスク割れアイコンが目印。

WordPressテーマ「SWELL」

目次
閉じる