食感がリニューアル!美味しさを増した大玉チョコボール【ピーナッツ】

数あるチョコボールのバリエーションの中でも私がイチオシするのが、大玉チョコボール【ピーナッツ】です。

あんみつなどに入っているような白玉団子ほどの大きさのチョコボールで、中身はピーナッツ。と聞けば、おそらく大抵の方は、「普通のチョコボールが大きくなっただけ」だと思われるでしょう。

しかし、チョコそのものの味わいから違うのは、一口齧ってみればすぐにわかります。濃厚でいて甘すぎない、という絶妙な美味しさは、普通のチョコボールとは比べ物になりません。仮に普通のチョコボールを湯煎して大きさを合わせたところで同じ味にはならない、ということです。

大玉、というのも嬉しいもので、小さなチョコボールを同じだけカリカリと食べるよりも満足感は圧倒的に上。とは言え、価格も倍ほどしますから、まさに大人のためのチョコボールということになるでしょう。

今回、その大玉チョコボール【ピーナッツ】がリニューアルした模様なので、実際に食べた感想をシェアします。最後までおつきあいいただければ幸いです。

目次

新しい食感、新しいデザイン

さて、パッケージから見ていきましょう。

「外はカリカリ、中はサクサク」という、よくある美味しい食感を表した「カリサク食感」というキーワードが踊る横には、まるでカチカチに凍りついたような新しいデザインのキョロちゃんが描かれています。

中身のサクサクは表現できない代わりに、外側のカリカリ感を表現しているのでしょう。小さくて丸くてかわいい、という万人ウケするデザインだと言えます。

別記事にしますが、同時期に発売された【もちもちチョコ】は、さらにかわいらしいデザインでまとめられています。

パッケージは、大玉ではデフォルトとなるジップタイプ。食べたいときに食べたいだけ食べて、残りは封をして保存ということなのでしょうが、私はいつでも一気食いなので、この機能を使ったことがありません。

確かに増した食感

さて、前置きはこのくらいにして食べてみます。開封すると、こんな感じ。

見た目には、これまでの大玉チョコボール【ピーナッツ】との違いがわかりません。おそらく、GACKTさんでも見分けることはできないでしょう。いや、そもそも森永製菓の社員さんでもわからないのではないでしょうか。

ちなみに、パッケージ裏に記載のある断面図を見ても、これまでの大玉チョコボール【ピーナッツ】との違いは無いように見えます。

さて、実食。

飴玉ほどもあるチョコボールを口に放り込み、噛み砕きます。

確かにカリッとした噛みごたえの後、サクッとした食感が強調されているように思います。実際の断面は以下のとおり。

こうして眺めても、何一つ違いがわかりませんが、食べてみればその違いは明白。これまでのものよりも食感は確かにパワーアップしています。

それでいて、濃厚な味わいは今まで通り。ひょっとしたらマクドナルドの製品のように、少しずつ味そのものもリニューアルされているのかもしれませんが、私ごときの舌で、その微細な違いを感じることはできませんでした。

本商品は全国のコンビニ等で購入できます。

エンゼルは無いけれど・・・

さて、いつも通りの変わらぬ美味しさと、強調された食感に大満足の大玉チョコボール【ピーナッツ】ですが、もう一つのお楽しみが隠されています。

それが、“キンキラ金箔玉”。

チョコボールといえば、お菓子そのものよりも、パッケージの取り出し口(通称:くちばし)に隠された金と銀のエンゼルの方が有名かもしれませんが、こういった大玉系の商品のジップタイプのパッケージではそれが用意されていません。

その代わりに用意されているのが、上の写真にある金箔に彩られた特別なチョコボールです。

これまで、およそ3年間で13枚の銀のエンゼルと1枚の金のエンゼルを手に入れてきた私でさえ、一度もお目にかかったことのない代物。

これまでは、エンゼルのように何個か集めるとおもちゃの缶詰がもらえる、といったことはなく、あくまでも「入っていてラッキー!」くらいのものでしたが、現在は、この金箔玉を見つけた人のために「キョロちゃんが夢かなえますPROJECT」というものが開催されています。

これは、金箔玉の写真と共に叶えたい夢をツイートすると、夢カウンターというものがカウントされて、目標数に達した時にはキョロちゃんがその中の1つの夢を叶えてくれる、というものです。

ちなみにこの夢カウンターですが、2022年11月4日時点で「58967」を指しています。結構当たっているな、と思ったら、金箔玉が当たっていなくとも夢のツイートはできるようです。ただし、その際にはカウンターの数字は「1」増えるだけ。これが金箔玉の写真と共にされたツイートになると、カウンターの数字は「100」増えるそう。これが一定数貯まるごとに誰かの夢が叶うかも、というまさに夢のような企画です。詳細は以下のホームページでご確認ください。

雷堂

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。

\ 僕と握手! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

僕と握手!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

特撮ヒーローのレビュー(旧作から最新作まで)を中心に、好きなものを思いつくままに書いています。特撮ヒーローのイラストはインスタで。イチオシのライダーは『W』です。僕と握手!

WordPressテーマ「SWELL」

目次