森永チョコボール「いちご」・甘くておいしい◯◯◯の味

「好きなフルーツはなんですか?」と聞かれたら、あなたはなんて答えますか?

りんご? 梨? みかん? ぶどう? メロン? バナナ?

人それぞれだとは思いますが、なんとなく一番人気なのは「いちご」のような気がします。

仮にそうではなかったとしても、いちごが嫌いとか、苦手だとかいった話は聞いたことがありません。

そんな人気の定番フルーツである、いちご味のチョコボールをレビューします。

目次

パッケージ

パッケージ

チョコボールといえば・・・という定番のサイズ。

取り出し口(通称:くちばし)のエンゼルを探す楽しみももちろんアリ。

いちごに合わせて、パッケージはピンク。キョロちゃんもピンクの女の子。

頭には花飾り。服はつぶつぶいちごをイメージした水玉模様で、首元にはいちごのへたを模した襟。

しかし、いちごがピンクというのは、子供時代からの刷り込みによるものだろうか? 実際のいちごは赤いのに・・・。

ともあれ、おいしそうと感じる色合いではある。

中身

中身

パッケージを開けると、いかにも”いちご”なピンクのチョコボール。

ふわっと鼻腔をくすぐる甘い香りだけで、ほんのり幸せな気分に包まれます。

全部ピンクのチョコボールだと、なんだか錠剤みたいな雰囲気になるところを、つぶつぶのいちごが良いアクセントになっています。

実食

断面

断面を見るとわかりますが、パフ入りのチョコを、つぶつぶいちご入りのいちごチョコでコーティングしたという、チョコ・オン・チョコのチョコまみれ。チョコボールの名に偽りなし、です。

サクッという歯応えが心地よく、ついポイポイと口に放り込んでしまいます。

普通においしい。

味は取り立てて目新しいものではなく、いかにもいちごのチョコレートといった感じ。

実際に食べ比べたわけではありませんが、他社製品の「アポロ」を思い出します。

購入するには

全国のコンビニやスーパーなど、大概のところで購入できます。

それは”期間限定”商品の多いチョコボールの中でも3種類しかない、レギュラーのひとつだからです。

「ピーナッツ」と「キャラメル」、そしてこの「いちご」という三羽ガラス。

『ウイングマン』なら、”デルタエンド”でも決められそうな最強の布陣。

ウイングマン・デルタエンド

調べてみると、いちごのチョコボールが発売されたのは1995年のことらしく、既に26年のロングセラー商品。

多くの人に愛されてきただけのことはあります。

それではここまでお読みいただきありがとうございました。

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

世界中の子供たちと、ヒーローを忘れられない大人たちに向けて、さまざまな”ヒーロー”に関するブログと、歴代仮面ライダーを中心としたイラストを書いています。マスク割れアイコンが目印。

WordPressテーマ「SWELL」

目次
閉じる