剣士列伝「仮面ライダーエスパーダ」辛口レビュー【ネタバレ】

「TELASA」にて配信されている『仮面ライダーセイバー』のスピンオフ作品・剣士列伝「仮面ライダーエスパーダ」をレビューします。

「Behind the chapter 13」と銘打たれていることからもわかるとおり、第13章「俺は、俺の思いを貫く。」を補完するような内容。

辛口になってしまいますが、どうぞ最後までお付き合いください。

目次

スタッフ・キャスト

ここでは主要スタッフとキャストをご紹介します。ウィキペディアに記載のある方についてはリンクを貼っておくので、是非、他の参加作品などもチェックしてみてください。

【スタッフ】

監督:坂本浩一

脚本:金子香緒里

アクション監督:渡辺 淳

特撮監督:佛田 洋

音楽:山下康介

【キャスト】

富加宮賢人/仮面ライダーエスパーダ:青木 瞭

新堂倫太郎:山口貴也

尾上 亮:生島勇輝

須藤芽依:川津明日香

幼い賢人:宮本琉成

タッセル:レ・ロマネスクTOBI

ソフィア:知念里奈

賢人の思い出

富加宮隼人と幼い賢人
画像引用元:仮面ライダーセイバー

本作では、賢人が剣士になった頃のことが描かれている。といっても、ソフィアから雷鳴剣黄雷(ライメイケン・イカヅチ)を渡されるシーンからで、そこに至るまでの経緯は割愛されている。

ただ、父が組織を裏切ったのは何故か? そして、父が今どこにいるのかを知るために剣士になったとしか描かれない。わかるようでわからない、消化不良を起こしそうな内容である。

短編だから仕方ないという部分もあるとは思うが、『セイバー』は本当に人物の深掘りをしない。本編だけでなくスピンオフでさえこれだ。スピンオフを観たいと思う人たちは、「本編では語られない部分まで知りたい」という欲求の持ち主だろうに、その欲求を満たすことさえしないのはどうかと思ってしまう。

それにしても、無事に剣士になった賢人を激励する尾上に、うっすらと笑みを浮かべて「父が裏切った理由に心当たりはありませんか?」と問いかける賢人には違和感があった。なんだか他人事というか、まるで聞き込みをする刑事みたいな感じだった。演出なのか、演技力の問題なのか、どうにも軽い。軽すぎる。

これを観ないとスピンオフが繋がらない

傷だらけの賢人
画像引用元:仮面ライダーセイバー

剣士列伝という、このスピンオフ作品群の中では最も退屈な作品だった。身を挺して自分を救ってくれた倫太郎を想い、「倫太郎のように強くなりたい」と呟き、仲間たちのため、父のために、カリバーの闇の力に侵されながらも、一人で決着をつけに行くラストだけはヒーローっぽかったとは思うが、上述したとおり、賢人の過去についてガッツリ触れるのかと思いきや、本編で触れた以上の情報は皆無。ただ、カリバーにボコられて重傷を負った賢人が、父のことで苦悩する様を延々と見せられるだけだ。

ところが、次に控える『仮面ライダーブレイズ』を理解するには、この作品を観ないと話が繋がらない。スピンオフ同士で補完し合うという仕様のため、「大して面白くもないし、ここらへんでTELASAの契約を切ろうか」と考えていた人も、渋々継続しなければならなくなるという導線が用意されているのだ。

エスパーダは、そのデザインを含め、わりと好きなキャラなので期待していたのだが、なんとも残念な結果だったと言わざるを得ない。

これで次の『ブレイズ』で納得の結末が用意されていれば良いのだが、さて、いかがなものか?

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

世界中の子供たちと、ヒーローを忘れられない大人たちに向けて、さまざまな”ヒーロー”に関するブログと、歴代仮面ライダーを中心としたイラストを書いています。マスク割れアイコンが目印。

WordPressテーマ「SWELL」

目次
閉じる