【歴代仮面ライダーを描いてみよう】仮面ライダーX

思いつくままに、歴代仮面ライダーのイラストを描いています。

今回は『仮面ライダーX』。

その制作過程を記録しました。

どうぞ、最後までお付き合いください。

目次

仮面ライダーXとは?

「仮面ライダーX」とは、1974年に放映された仮面ライダーシリーズ第3弾です。

バッタの能力を持つ改造人間だったV3までとは違い、メカニカルなイメージに生まれ変わったライダー(デザインモチーフはバッタのまま)。

謎のGOD機関によって殺された神(ジン)親子の息子、神 敬介は、父である海洋科学者・神 啓太郎が最後の力を振り絞って施術したサイボーグ手術で、深海開発用改造人間・カイゾーグとして蘇り、仮面ライダーXとしてGOD機関と戦うのです。

GOD機関とは、対立している大国同士が水面下で手を組み、サイボーグの力で日本全滅を企む組織です。過去のショッカーやデストロンが世界征服を企んでいたことを考えると、少しスケールダウンしたようにも思いますが、とりあえず一国だけというのは現実味が増したような気も・・・?

また、今や武器を手に戦うライダーは当たり前ですが、ベルトに装着されたライドルという武器を操る、初めての仮面ライダーでもありました。

制作過程

まずは下書きですが、Xのトレードマークとも言える武器「ライドル」を片手に携えたポーズを取らせてみます。

顔については予め3分割のラインを引いて、仮面ライダーを描く際のキモとなる目の大きさのバランスを決めていきます。

下書きには、ピクセルブラシ「ペン」を使っています。

ライドルを持ったところまでザクっと描いたところで、詳細を書き加えていきます。

画面右下にあるのが”定規ツール”

ライドルはきちんと直線で描きたいので、「定規ツール」を使います。

画面右下のアイコンをタップすると画面上に定規が現れます。

1本指で定規を好きな位置に動かせて、2本指でひねると角度を自由に変えられます。

下書き完了。

下書きレイヤーの上に一枚レイヤーを追加して、清書します。

清書にはピクセルブラシ「コミックペン」を使います。筆圧で強弱が表現できるので力強いラインが引けます。

清書が完了したら、下書きレイヤーを消し、清書したレイヤーを複製します。

この後、着色しますが、2枚の清書レイヤーのうち、必ず下のレイヤーに着色します。

複製したのはミスってもやり直せるからで、下のレイヤーに着色するのは、描線を潰さないためです。

まずはスーツを着色します。

ブルーグレイにしておきます。

マスクやベルトをシルバーに。

先ほどブルーグレイで着色したスーツも同じ色で塗り直してみましたが、なんとなく違和感があるので、ここから修正していきます。

手袋やブーツ、マフラーなど、黒い部分は濃いグレイで着色します。

黒で塗ってしまうと、せっかく描いた線が消えてしまうためです。

目と胸、ベルトの風車やライドルの先端を赤く塗ります。

目に光沢を書き入れ、少しトーンを落とした赤で、目の下半分と、胸のパーツの影になる部分を着色します。

この、トーンを落とすやり方は下の動画の通りです。

次に仕上げとして、光が当たる部分にはホワイトを。影になる部分には各部のトーンを落としたカラーで着色します。

仕上げのピクセルブラシは、「ソフト円 不透明」を選択します。

上下2枚のレイヤーの間に、透明なレイヤーを1枚追加し、光の当たっている部分と影になっている部分を表現します。

完成です。

”タイムラプス動画”で振り返り

ところがここで思わぬミスが発覚。

腕の赤いラインを塗り忘れていました。

これでようやく完成です。

ちなみに、以前初めて描いてみたXライダーはこんな感じでした↓

半年ほども前に描いたものですが、なんだか色々酷い・・・。

描き続けていれば少しずつは上達できると思うので、これからイラスト始めたいという方も、始めたばかりという方も、一緒にがんばりましょう。

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

世界中の子供たちと、ヒーローを忘れられない大人たちに向けて、さまざまな”ヒーロー”に関するブログと、歴代仮面ライダーを中心としたイラストを書いています。マスク割れアイコンが目印。

WordPressテーマ「SWELL」

目次
閉じる