『キョロちゃんクエッスト』レビュー・遊んで学ぶチョコボールのこと

”魔術師キョロちゃん”がチョコボール工場にイタズラをしかけちゃった!?

チョコボール工場を救うため、クイズとミニゲームを解いて進め!

森永製菓が新たに開設したサイト『キョロちゃんクエッスト』をレビューする。

目次

新商品「ヒヤヒヤチョコボール」に連動した2つの企画

キョロちゃんクエッスト

森永製菓の特設サイトで楽しめるクイズとミニゲームの詰め合わせ。

魔術師キョロちゃんが占拠した工場を、チョコボールに関するクイズを解きながら進む。

クイズは2択だが、難易度はかなり易しい。

クイズの次にはミニゲームが待っているが、これも難易度は低い。ルールさえ理解できれば、幼稚園児でも十分遊べる(我が家で実証済み)。

詳細は改めて記述する。

ヒヤヒヤ2択クイズ

新商品ヒヤヒヤチョコボール「クリームソーダ味」のパッケージとして用意された4つの2択クイズのこと。

この商品に関しては、いつものチョコボールとは異なる特殊なパッケージとなっており、この2択クイズを正解すると中身を食べられるようになるのだ(もちろん、外れても食べることは可能)。

ちなみに、用意された4つの問題は以下のとおり。

4つのクイズとは?

  1. 見つけやすいのはどっち? ”四つ葉のクローバー”と”金のエンゼル”
  2. ヒヤヒヤ(さむい)のはどっち? ”冬の砂漠(サハラ砂漠)”と”夏の北極”
  3. 本当にあるのはどっち? ”チョコがないチョコボール”と”山がない県”
  4. 大きいのはどっち? ”チョコボール1粒(いちご)”と”マメハチドリの卵(世界最小の鳥の卵)”

さて、正解はおわかりだろうか?

答えはチョコボールを購入して確認して欲しい。特設サイトでは、答えの解説も確認できる。

ちなみに、4種類全てを揃えても、何かプレゼントをもらえるとか、特別なイベントは起こらない。

なお、クリームソーダ味を含め、チョコボールの食べ比べもレビューしているので、気になる方はそちらもチェックして欲しい。

遊ぶために必要な2つのもの

まずはスマホ。これはAndroidでもiPhoneでもどちらでもOK。

もう一つは、2021年7月現在、販売中のチョコボール(レギュラーサイズ)のどれかである。具体的には、ピーナッツ、キャラメル、いちご、クリームソーダのどれか。

ご覧のとおり、途中でパッケージを読み取る必要がある。

ちなみに、1回につき1個必要なんてことはなく、1箱あれば何度でも遊べる。

小さなお子さんは、思い出したように「アレやりたい!」と言い出すこともあるだろうから、しばらく箱だけは捨てないでおいたほうが良いかもしれない。

クエッストの内容

チョコボールに関するクイズに答えて、2つのミニゲームに挑戦するというもの。

クイズは2択で、難易度は低い。

キョロちゃんクエッスト
クイズの第1問

ちなみにこの第1問だけは、正直わからなかったが、優しい救済措置があるので問題ない。

クイズに正解すると、そのクイズの答えに関するショートムービーが見られて、チョコボールが作られていく様子がわかるようになっている。

時期的に、子供たちの夏休みの自由研究的なものとしての情報提供だろうか? いずれにしても、普段は見る機会のない工場を見学するようなイメージである。

ミニゲームは2つ。

1つ目はリズムゲーム。

『ビートマニア』のような画面の上から落ちてくるピーナッツが、画面下部の緑のラインに乗ったところでタップする。

タイミングよくタップできれは”GREAT!”と表示されるが、タイミングが悪かったり、欠けたピーナッツをタップしてしまうと”MISS!”と表示され、画面左上の赤いゲージが減っていく。

赤いゲージが無くなるとゲームオーバー。

一定時間耐えることができればクリアとなり、次に進める。

ちなみに、全てのピーナッツをタップできると60コンボとなる。

そしてもう一つが、テトリスなどに代表されるパズルゲームだ。

画面下から徐々に積み上がっていくチョコボールが、天井にぶつかる前に、タップして消していくというもの。

縦でも横でもL字でも、とにかく3つ以上隣り合っていれば消せる。

1分間耐え切ればクリアとなる。

下から積み上がっていく様は、昔、スーパーファミコン用ソフトとして発売された『パネルでポン』に似ているが、難易度は比べ物にならないほど易しい。

横画面のため、天井まで7段程度しかないこともあり、緊迫感はある。難易度が調整できれば、延々遊べそうな気がする。

アプリにして欲しい

リズムゲームとパズルゲームは、シンプルであるがゆえに、いつまでも遊べてしまう。

難易度調整すれば、子供だけでなく大人もハマるだろう。

現在は特設サイトで、ほんの限られた時間しか遊べないが、このままゲームアプリ化して欲しい。

年々進化するスマホ用として、オンラインゲームや大作RPGなどがバンバン発表されているが、スマホゲームはシンプルなゲームが一番だ。

特にリズムゲームなら、森永製菓は自社製品のCMソングも多いから、それらをBGMにするのも楽しそうだ。

可能性は低いだろうが、これだけのアイデアを、”期間限定”の特設サイトで終わらせてしまうのはもったいない気がするのだ。

ゲームアプリ化した上で、合間に新商品のプロモーションを差し込むだけでも、それなりに認知度は高まりそうである。

オンラインで大会を開いて、優勝者には「おもちゃの缶詰」プレゼントなんてどうだろう?

あくまでも私個人の勝手な妄想だが、せめてゲームアプリ化については検討してもらえないかな、と密かに期待しておこう。

最後に、期間限定のWEBサイトはコチラ

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

世界中の子供たちと、ヒーローを忘れられない大人たちに向けて、さまざまな”ヒーロー”に関するブログと、歴代仮面ライダーを中心としたイラストを書いています。マスク割れアイコンが目印。

WordPressテーマ「SWELL」

目次
閉じる