『仮面ライダーセイバー』第17章・ユーリ on ice【ネタバレ】

何者かの思惑によって引き裂かれた仲間同士の絆。そして、メギドにされてしまった雑誌社の編集長・白井ゆきを巡る物語。

『仮面ライダーセイバー』第17章「古の使者は、光か影か。」(監督:諸田 敏 脚本:毛利亘宏)をレビューします。

どうぞ、最後までお付き合いください。

目次

キャスト

ここではキャストをご紹介します。

本作初登場の方は、ウィキペディアなどにリンクを貼っておくので、他の参加作品などもチェックしてみてください。

【キャスト】

神山飛羽真(カミヤマ トウマ)/仮面ライダーセイバー:内藤秀一郎

新堂倫太郎(シンドウ リンタロウ)/仮面ライダーブレイズ:山口貴也

須藤芽依(スドウ メイ):川津明日香

尾上 亮(オガミ リョウ):生島勇輝

緋道 蓮(アカミチ レン):富樫慧士

大秦寺哲雄(ダイシンジ テツオ):岡 宏明

ユーリ/仮面ライダー最光:市川知宏

ストリウス:古屋呂敏

レジエル:高野海琉

ズオス:才川コージ

神代玲花(シンダイ レイカ):アンジェラ芽衣

白井ゆき:長谷部 瞳

イエティメギドの声:羽多野 渉

タッセル:レ・ロマネスクTOBI

浦島太郎

1,000年の時を超えて現代に蘇った光の聖剣・ユーリ。

まさに”浦島太郎状態”。

髪型は1,000年前の人とは思えないほど、こざっぱりしているが、服や食といったものはまるで違って当たり前。不思議な力で、(男女を問わず)目にした服装をそっくりそのままコピーして見せる。

ユーリの女装
画像引用元:仮面ライダーセイバー

須藤芽依から流行りのタピオカを手渡されるシーンでは、1,000年前の人なら当然に思いつきそうな「カエルの卵」というキーワードを出さなかったのは、多方面への配慮だろう。

ユーリとタピオカ
画像引用元:仮面ライダーセイバー

それにしても、数年後には「ああ、この当時はタピオカが流行ってたんだな・・・」としみじみ思い出しそうなエピソードである。

侵食するメギド

白井ゆき
画像引用元:仮面ライダーセイバー

前章のラストで、レジエルによって新たなアルターライドブックを体内に埋め込まれてしまった白井ゆき。

須藤芽依の上司であり、作家・神山飛羽真の作品を掲載する雑誌「グリム」の編集長である。

氷の力を操るイエティメギドと化し、自らの意思とは無関係に、街の人たちを襲ってしまう。

体内に巣食うアルターライドブックは、徐々に宿主に侵食していき、いずれは身も心も完全に乗っ取ってしまうようだ。

当初は真っ白だった本が、じわじわと真っ赤に染まっていく様は、血を吸っているようにも見えて、なんとも不気味だ。

赤く染まるアルターライドブック
画像引用元:仮面ライダーセイバー

斬る(Kill)?

街に現れたイエティメギドと戦う中で、その実体が白井ゆきであることに気づいた飛羽真は、思い切って戦うことができなくなる。

「助けて」という、ゆきの叫びに応えようとするものの、果たしてどうやったら助けられるのかもわからない。

イエティメギド
画像引用元:仮面ライダーセイバー

一方、ユーリは、「剣士にできるのは斬ることだけだ」と、メギドに斬りかかる。

闇と共に生まれた光の聖剣だけあって、ユーリの力は凄まじい。

イエティメギドの力によって氷漬けになったエリアも、一瞬で元に戻してしまう。

さらに斬りかかった際、剣を捕まえられてしまうと、今度は影の中から戦士(ライダー)を呼び出す。

仮面ライダー最光
画像引用元:仮面ライダーセイバー

このライダーは普通に戦うことができるのに、影だから相手の攻撃は全く効かないというチート能力を発揮する。移動も早いし、弱点が見当たらない。

ゆきに容赦なく斬りかかるユーリを止めようとした飛羽真も、捕まえることができず、身体をすり抜けてしまう。

セイバーと最光
画像引用元:仮面ライダーセイバー

最後は力技でユーリの攻撃を阻止した飛羽真。

「なぜ邪魔をする?」と問いかけるユーリに、「俺が、ゆきさんを救う!」と答える飛羽真。

飛羽真とユーリ
画像引用元:仮面ライダーセイバー

二人の間に生まれた溝は、解消されるのだろうか?

それとも、相容れない存在としてこのまま物語は進んでいくのだろうか?

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

世界中の子供たちと、ヒーローを忘れられない大人たちに向けて、さまざまな”ヒーロー”に関するブログと、歴代仮面ライダーを中心としたイラストを書いています。マスク割れアイコンが目印。

WordPressテーマ「SWELL」

目次
閉じる