大玉チョコボール「クラフト珈琲風」・丁寧に淹れられた珈琲の味わい

大玉チョコボールの新味「クラフト珈琲風」。

クラフトコーヒーとは「手作り感のある丁寧に作られたコーヒー」といった意味らしい。

イメージ的にはぼんやりしているが、サントリーの「クラフトボス」を思い出す。それまでBOSSといえば缶コーヒーの代名詞的な感じで、香りとか苦味に重きが置かれていて、「缶コーヒーでもここまでできる」といったことに挑戦してきた商品だったが、このクラフトボスは、ペットボトルでの販売で、味わいはちょっと薄く、その分ガブガブ飲めるといった商品。私はあまり好みではなかったのだが、2017年に発売されて1年間で1500万ケースも売り上げたという大ヒット商品だ。

そこと繋がるとすれば、スッキリとした味わいのコーヒー味ということなのかもしれないが、チョコなら私の好みにも合いそうだ。そして何より「クラフト」という言葉に、なんだか手間暇かけた感があって「美味しそう」なイメージを受けてしまうし、興味も湧く。言葉の響きというのは重要だと再認識する。

目次

パッケージ

なぜ、こうもコーヒーカラーのパッケージというのは目を惹くのだろう。

昔ながらの色合い、そしてコーヒー豆を散りばめたパッケージデザインと、特段新しいことは何もないのに、つい目が向いてしまう。昔から数々の商品が同様の戦略を取っていたことから来る「刷り込み」の結果なのだろうか。

個人的にコーヒー味が好きだということはあるが、それにしても王道の良いデザインだと思う。

中身

開封してみると、甘い香りがふわっと香る。ミルクコーヒーっぽい優しい色合いのチョコボールである。

大玉だけあって、かなり食べ応えもありそうだ。

実食

中身は、香ばしピーナッツを包んだクリスプ層を、クラフト珈琲風チョコレートでコーティングした3層構造。これは同じ大玉チョコボールの「ピーナッツ味」と同じつくりで、外側のチョコレートの風味だけの違いのようだ。

味わいとしては、他社製品の「コーヒービート(明治)」というコーヒー風味のマーブルチョコみたいなやつに似ていて、もう少しコクがある。甘いけれど甘すぎない絶妙な美味しさ。

チョコボールならではのクリスプの食感も良くて、サクサク食べれてしまう。

チョコの甘さがあるので、コーヒーというよりはコーヒー牛乳のような感じがするが、私のようなコーヒー風味好きには刺さるし、チョコボールの中では上位に入る美味しさだと思う。

購入するには

私はコンビニで購入したが、スーパーなどでもよく見かける。

しかし、森永製菓のサイトからは既に商品ページが消されているため、現在は出荷していない可能性もある。

なので、ご興味のある方は、店頭で見かけたら迷わず購入した方が良いと思う。コーヒー風味のお菓子が好きならマジでオススメ。

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

世界中の子供たちと、ヒーローを忘れられない大人たちに向けて、さまざまな”ヒーロー”に関するブログと、歴代仮面ライダーを中心としたイラストを書いています。マスク割れアイコンが目印。

WordPressテーマ「SWELL」

目次
閉じる