大玉チョコボール「ピーナッツ」・定番を超えた新定番!

チョコボールの定番といえば「ピーナッツ」。

実は、この「ピーナッツ」は2種類存在している。

一つはよく見るスタンダードなもの。

そしてもう一つは、今回ご紹介する大玉バージョンである。

何が違うのか? いや、そもそも何かが違うのか? 以下、レビューします。最後までお付き合いください。

目次

パッケージ

大玉チョコボールピーナッツ

堂々と書かれた「大きさ 約2.5倍!」という表記のとおりの大玉チョコボール。

パウチ型パッケージに描かれたキョロちゃんは、スタンダードなパッケージに描かれたフルカラー版とは異なり、ゴールドを用いたラインで描かれている。

まるでエンボス加工を表現したようなこの見せ方によって、なんだかちょっとした高級感さえ漂う。実際、店頭で目にすると結構目立つ。

しかし、この段階では通常のピーナッツとの違いは大きさくらいしかわからない。

食べればわかる、この違い

パッケージ裏面には、このチョコボールの断面が載っている。

ちなみにスタンダードなピーナッツの断面はコレ↓

明らかに違う。表記するスペースが小さくて書けなかった、なんてわけはないだろう。こだわりが違うのだ。

開封してみる。

甘いチョコの香りが広がる。

この時点では、ただの大きいチョコボールにしか見えないが、食べてみたらどうだろう?

雷堂

・・・全然、違う・・・!

味覚には自信のない私でも一口食べて、その違いはハッキリわかった。

「隠し味のヘーゼルナッツが効いている」とか、「中身のピーナッツが確かに香ばしい」なんてのはわからない。正直に言ってわからない。

しかし、スタンダード版よりも格段にまろやか。これがヘーゼルナッツペーストの効果なのか、まるでミルクチョコレートを食べたかのような味わいがある。これは私でもわかる。

これを食べた後でスタンダードなチョコボールを食べると、「乾きもの」感が濃厚だ。これはこれで勿論美味しいのだが、しっとり感が明らかに違う。

ただ大きいだけのチョコボールではなかったのだ。

購入するには

全国のスーパーやコンビニに並んでいる。

大玉チョコボールシリーズの常で、金銀エンゼルはついていないため、おもちゃの缶詰め目当てだったら買う理由はないけれど、ちょっと贅沢(スタンダード版の約2倍、150円前後する)な大人のおやつとしては最高である。

代わりに、金色のチョコボールがレアアイテムとして封入されていることがあるらしいし、運試しとしてはそちらを楽しみにしてはどうだろう。

通常盤との違いがわからない、みたいなことを言ってすみませんでした。これは本当に美味しい。食べたことがないというあなたには全力でオススメしたい。

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

世界中の子供たちと、ヒーローを忘れられない大人たちに向けて、さまざまな”ヒーロー”に関するブログと、歴代仮面ライダーを中心としたイラストを書いています。マスク割れアイコンが目印。

WordPressテーマ「SWELL」

目次
閉じる