チョコボール「小枝」・50周年を迎えた人気商品とのコラボ

森永製菓のお菓子といえば? と質問されたら、人それぞれに様々な商品名が挙がると思うが、おそらくその中にはこの名前もあるだろう。

それが「小枝」である。

今回、同じ森永製菓のチョコボールとのコラボ商品が登場したのでレビューする。

どうぞ、最後までお付き合いください。

目次

パッケージ

キョロちゃんも小枝バージョンとなっている。

お腹の部分が小枝チョコとなり、小枝にとまっている。違和感はない。むしろ、かわいい。

そして、パッケージ右上に燦然と輝く「50周年」の文字。

なんと、1971年から続くロングセラー商品。

1971年といえば、『仮面ライダー』生誕の年でもある。

ここは是非、「小枝」と『仮面ライダー』のコラボも見たいところ。

森永製菓さん、よろしくお願いします!!

中身

開封すると、中身はこんな感じ。

パッと見、小枝ではなく、チョコボールにしか見えないのは当然だが、このチョコの見た目は間違いなく小枝のそれだ。

昔からシンプルなチョコよりも、ナッツとか何かが混ざっているチョコに惹かれてしまうのは私だけだろうか? なんだか一層美味しそうに見えてしまうのだ。

実食

このチョコボールの中身はこんな感じ。

中心にピーナッツなどが入っていて、それをチョコでコーティングしているという、一般的なチョコボールとは全然違う。

パフと砕いたアーモンドの入った小枝チョコレートをボール状にしたものとなっている。

なんだか懐かしい味だ。思えば「小枝」を最後に食べたのはいつだったろう。

私がまだ小さな頃、大好きだった「小枝」は、自分が大きくなるにつれて、あの小さなサイズ感がもどかしくなった。

「マックのポテトは2〜3本一気に頬張りたい」という、私のような感覚の方にならわかってもらえそうな気がするのだが、どうだろう?

そんなつまらない理由で最近は全然食べていなかったのだが、大玉のチョコボールで食べてみたら、過去に感じた物足りなさが解消されてしまった。味は元々好きだったから、言うことはない。

いっそのこと、「小枝」は今後、このくらいのサイズ感で販売して欲しいとも思うが、それでは「小枝」感が出ない。ただの「枝」である。

購入するには

私はコンビニで手に入れた。期間限定商品なので、見つけたら即買いするべきである。

ちなみに、大玉チョコボールシリーズではお約束になっている金のチョコボールは「小枝」には設定がないようで、代わりにこんな遊び心が隠されている。

通常のチョコボールは、開封しないと当たり外れがわからないというのに、まさかの購入時に探せる遊びとなっている。

実はこれ、他の商品でも同様のことが行われていた。

それがこの商品。『Bigな小枝』というアイス。ちゃんと「小技」になっているのがわかるだろうか。

セブンイレブンで発見し、早速ゲット。価格は150円(税別)だった。

コチラは小ぶりな樹木の幹くらいのサイズ感があるので、「小枝」感は薄いが、アイスとして普通に美味しい。

こちらもチョコボール同様、期間限定商品なので、見つけたら即買いをオススメする。

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

世界中の子供たちと、ヒーローを忘れられない大人たちに向けて、さまざまな”ヒーロー”に関するブログと、歴代仮面ライダーを中心としたイラストを書いています。マスク割れアイコンが目印。

WordPressテーマ「SWELL」

目次
閉じる