大玉チョコボール「苺ショコラ」・苺らしさも食べ応えも段違い

「耳で味わう」とでもいうのか、美味しそうに聞こえる言葉というのは間違いなく存在します。

私にとってのその代表格が「ショコラ」。

「チョコだよ」とか「チョコレートだよ」と紹介されるより、「ショコラだよ」と紹介された方がずっと美味しそうに感じます。

これは理屈ではなく、私の本能に直接語りかけるような感じ。無条件に反応してしまう”パブロフの犬”状態。

そんな「ショコラ」の名を冠したチョコボールをご紹介します。

美味しいフルーツの代表格でもある「苺」と「ショコラ」がひとつになって、美味しくないわけがないのです。

目次

パッケージ

チョコボール「苺ショコラ」パッケージ
パッケージ

ド派手なピンクに塗られたキョロちゃんが目を引くパッケージ。

ベーシックな「いちご」同様、いちご柄の服を着た女の子がマスコットキャラ。

ベーシックな「いちご」も、チョコ・オン・チョコのチョコボールだったのに、あえて「大玉いちご」ではなく、「苺ショコラ」と名乗っているところに、ただ大きいだけじゃないぜという自信を感じます。

中身

チョコボール「苺ショコラ」中身
中身

見た目は完全に、ベーシックな「いちご」の大型バージョン。

約2.5倍の大きさは伊達ではありません。見た目だけで食べ応えはありそう。

いかにも苺っぽい風合いも食欲をそそります。

実食

チョコボールいちごショコラ
断面

パッケージに書かれた「いちご感アップ」の文字に偽りはありません。

つぶつぶ苺の入った苺チョコというコーティング素材は、ベーシックな「いちご」とおそらく変わらないものと思われますが、実際に食べてみると、確かにいちご感はこちらの方が格段に濃く感じます。

ほんのり甘酸っぱさまで感じられるような気がするのは、気がするだけかもしれませんが。

チョコボールの大きさの違いゆえなのか、「つぶつぶ苺」と「苺チョコ」という表現が一緒でも、材料や配合などに細かな違いがあるのか、はたまたコア部分の素材の違い(ベーシックな「いちご」はパフ入りチョコレート、「苺ショコラ」はココアビスケット入りチョコレート)によって苺の味わいが強調されているのか、そのあたりの細かなことはわかりませんが、食べてみれば、その違いは誰でも気づくはずです。

パフの食感も好きですが、ココアビスケットは、その風味と食べ応えという面で、パフより好みでした。

金額的にはベーシックな「いちご」の倍もするわけですが、より美味しいスイーツを食べたいという方には是非オススメしたい一品。満足度は高いと思います。

購入するには

残念ながら現在は入手できません。

私はコンビニで購入しましたが、コンビニやスーパーで再販されるものと思います。

買い物にいくたびに売り場をチェックするのも手ですが、こまめに商品ページをチェックした方が手軽だと思います。

森永チョコボールのホームページはこちら

それではここまでお読みいただきありがとうございました。

是非、他の味もチェックしてみてください。

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

世界中の子供たちと、ヒーローを忘れられない大人たちに向けて、さまざまな”ヒーロー”に関するブログと、歴代仮面ライダーを中心としたイラストを書いています。マスク割れアイコンが目印。

WordPressテーマ「SWELL」

目次
閉じる